スポンサーリンク

注文住宅の素人が満足度の高い間取りアイデアをもうらう為にはどうしたら良いかを考え、我が家は良いアイデア貰う一つの方法としてプロに任せる事を選びました。

しんち
自分で全部考えるのもアリだと思いますが、知識がないと良いアイデアは難しいです

ハウスメーカーを使うならプロに間取りのアイデアを提案して貰う事は普通の方法だと思うかもしれませんが、我が家はプロが間取りアイデアを提案しやすいように間取りに対する希望や条件を打合せでハッキリさせました。

良いアイデアを貰うために箇条書き

注文住宅の間取り作りのアイデアはワタクシの仕事であるデザインと共通すると考えます。

ワタクシの仕事の場合、最初に「この条件を満たしてくれればOKと、内容と目的を固めてくれるお客様」が一番仕事がしやすいし、アイデア提案もしやすいです。

ハウスメーカーの営業、間取り担当は我々よりも間取り作りの経験は豊富ですのでアイデアの引き出しが我々よりも豊富であると考えます。

ハウスメーカーの営業と、間取り担当がより良い間取りのアイデアを提案しやすくするための条件を整える事も良い間取りアイデアを提案して頂く為にも大事と考えました。

環境を整えることによりプロの経験を元に我々の要望に対する間取りアイデア提案をしてもらえると考えております。

ネットで注文住宅を建てた先輩方のアイデア

ネットには注文住宅を建てた先輩方のアドバイスや後悔した事、良かった事などのアイデアが満載ですので、合意できる部分は積極的に取り入れると良いと考えます。

プロのアイデアを引き出す為に箇条書き

ネットのアイデアと皆様が思いついた注文住宅に対するアイデアが固まったら箇条書きにしましょう。

我が家は桧家住宅に注文住宅の建設の依頼をしておりますので、桧家住宅の営業に以下のような箇条書きのリストを渡しました。

しんち
因みにメールで送りました
  • 20畳以上のリビング
  • 3畳程度のウォークインクローゼットか部屋(洋服をしまう場所)
  • 屋根裏はダンボールを収納したいので6帖以上欲しい
  • 将来貸す可能性を考えた間取り
  • 広い脱衣所(リネン室は下着やタオルもしまっておけるくらいの広さ)
  • 脱衣所と洗面台は別の場所または広い脱衣洗面所
  • 1トイレにつき1洗面台
  • どこかに布団をしまえる押入れサイズのクローゼット
  • 日当たりのいいリビングとベランダ
  • 広いキッチン収納と作業台
  • 広めの玄関にシューズクローゼット
  • 吹き抜けまたは、開放感のあるリビング階段
  • トイレは引戸
  • 洗濯機を繋ぐところからお湯が出る
  • ウォーターサーバー置き場が必要
  • リビングに緩やかなおしゃれ階段(木目調)
  • お風呂を1.25坪にしたい
  • キッチンのお勝手が欲しい
  • 一坪くらいの広めの玄関ポーチが欲しい
  • 1階の洗面台を小さく、2階を大きくしたい
  • ウォークインクローゼットの扉を観音開きにしたい
  • 洗面所の入り口は引き戸にしたい
  • ベランダの奥行き広めに
  • 洗面台に吊り戸が欲しい
  • キッチンの高さ85cm位
  • 1F・2F洗面台にタオルかけが欲しい
  • 電源関連は自営業でパソコンを大体4台同時に動かすのでこだわりたい
  • 3Fの階段の手前にドアかカーテン?(暖かい空気が3Fに全部いってしまうのではないか)
  • 外構も住宅ローンに組み込みたい
  • 勝手口の階段をL字にした方がいい(これは契約後要望しましたので現状の図面では反映されておりません。)

我が家ではネットを見て取り入れたアイデアと自分たちで思いついたアイデアだけでも30項目も出てきました!

賃貸なら妥協できるような事でも自分たちで所有する注文住宅となると色々なかわがままがでてきちゃいますね。

しんち
大幅予算オーバーなので予算のアイデアも欲しい!

箇条書きした結果、頂いた間取りアイデア

他人からみたらどうだかわかりませんが、我が家ではこれ以上修正が思いつかない程、満足度の高い間取りアイデアとなりました。

しんち
住み始めたら気がつく不満も多少はあるかもしれませんが!

リビング階段の冬場の寒さに関しては桧家住宅さんの「Z空調」に期待してデメリットを受け入れました。

桧家住宅に作ってもらった間取りアイデアは我が家の要望がかなり取り入れられたアイデアとなっております。

また、ネット上で一戸建を建てた先輩方の不満を潰す為に参考になったアイデアもかなりありました。

桧家住宅に考えてもらった間取りアイデア

桧家住宅には我が家で箇条書きした内容がかなり反映された間取りアイデアを提案していただけました。

1F

一階の間取り6枚目

2F

二階の間取り6枚目

3F

間取りのアイデアはハウスメーカーの営業と間取り担当のお方にお任せするのは良いのではないかと考えました。

ワタクシの本業であるデザインでもそうですが、お客様レイアウトを指定してしまうとその通りに作る傾向にあります。

条件を箇条書きしてくれるお客様が一番アイデアを提案しやすいし、デザインも自由度があがってやる気も出ます!

しんち
一応デザインの仕事を15年近くやっておりますのでデザインに関してはクライアント様より知識はあると考えております

我が家はそういった事を考えてこのようにしました。

後から思いついちゃった細かい修正はありましたが、我が家にとっては凄く良い間取りアイデアを提案していただけました。

しんち
予算は大幅にオーバーしましたのでお金稼ぎのアイデアもあれば良いのですが!

頂いた間取りアイデアでの資金計画

頂いた間取りアイデアでの資金計画も大分不確定要素が埋まり、外構を同時にやりたいので予算を組んでもらいました。

しんち
現状で確定するの難しい事は多めに予算を組んでいただけました

最初から住宅ローンの中で予算を取ると外構費は住宅ローンの中に組み込めますが、後から外構を考えると外構費は住宅ローンの中に組み込めないのです。

我が家の場合は電源関連とネットの回線関連は夫婦二人ともパソコンを使った自営業なのでかなり重要デス!

この辺は一般の方と比べると予算が多めに投入されるかなと考えております。

良いアイデアを貰うにも工夫が必要

注文住宅の間取りは良いアイデアを貰う為には注文する側も知識を身につけ、要望などを具体的にすることも大事ですね。

施主側も打合せはテキトーで、「よくわからないけど、イケてる理想の間取りをよろしく!」というスタンスだとイケてる理想の間取りは一生出てこないような気がします。

間取りアイデアを考えるには「タウンライフ 間取り」というネットで一括で色々なアイデアを貰う事もできますので、試してみると良いかもしれません。

しんち
カタログ、資金計画、間取りアイデアなどが貰えます

土地探しのアイデアもいただけて、予算の相場観も掴めて結構良いと考えております。

これを元に複数のプロのアイデアが貰えて、我が家では注文住宅に対する要望の箇条書きもしやすくなりました。

しんち
業者側にも審査があるようで電話ラッシュなどはありませんでした

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事