スポンサーリンク

前回のインテリアの打合せで保留した項目を確定させる為に桧家住宅へ打合せに行って参りました。

しんち
事前に家で妻のまどりちゃんと色々話し合っております

今回はインテリアの内容を確定させたのと現状の詳細間取り図の確認、契約書の受け取り、総額の確認となりました。

インテリアの色の確定

インテリア

桧家住宅のインテリアは7つのスタイルから1つのスタイルを選んで、選んだスタイルの中から色や壁紙を選ぶ形となっております。

前回インテリアのメインとなるスタイルを決めきれなかった為、保留としておりましたが、ラグジュアリーモダンというスタイルに決めました。

しんち
1階と2階で別のスタイルも可能ですが、我が家は全部統一しました

インテリアのスタイルを迷った

我が家はニューヨークビンテージとラグジュアリーモダンで迷っておりました。

ニューヨークビンテージは床の色が良かったのですが、リビングの入り口につけるドアがレトロな点とキッチンの色が気になっておりました。

ラグジュアリーモダンは床の色が白すぎて気になっておりました。

しんち
ニューヨークビンジテージの床をラグジュアリーモダンに持っていければいいのですが!

インテリアはラグジュアリーモダン

スタイルは迷った末ラグジュアリーモダンに決めましたが、ラグジュアリーモダンの中でもAとBがあり、我が家は床が白っぽいラグジュアリーモダンBを選択しました。

キッチンの色

ラグジュアリーモダンの中で、キッチンの「ビヴァリオ」にはツートーンカラーと一色の選択肢がありましたので、キッチンは一色のものとしました。

しんち
一色の方が落ち着いていると感じました

食器棚は前回決めましたが、内装のベースが変更となりましたので、キッチンの色に近い色を選びなおしました。

壁紙の色

基本の壁紙の色は白の柄違いが2種類、少し燻んだ白、かなり薄い茶色の4種類ありましたが、我が家ではかなり薄い茶色を選びました。

しんち
汚れが目立たない事を期待しております

あとは、壁紙の一部にアクセントをもたせるアクセントクロスという壁紙を標準で選ぶことができるのですが、アクセントクロスも使用することにして一つ選びました。

しんち
アクセントクロスは無しでもOKです

洗面所、トイレのインテリア

洗面所とトイレのインテリアは室内と同じ雰囲気にできる選択肢がありましたので、我が家では室内と同じ雰囲気となるように選びました。

しんち
トイレと洗面所っぽい選択肢もあります

インテリアとエクステリア確定の控え

打合せが終わると、桧家住宅のインテリアコーディネーターの方が打合せで決めた内容の控えを作ってくれました。

インテリア以外

打合せ

今回はインテリアコーディネーターとの打合せでしたが、我が家の担当営業も時間があいていたようですので、インテリア以外の打合せもして参りました。

しんち
色々と詳細を確認して参りました

詳細間取り図の確認

前々回の打合せで詳細間取り図へ入れた修正の内容を確認し、少しだけですが、新しい修正を入れました。

契約書をもらった

2018年12月に押印した、新築工事の建築工事請負契約書を頂きました。

しんち
ハンコはすでに押しておりましたので製本した物をいただきました

総額の確認

契約書に押印した時から小屋裏の拡張などで更にオプション費用が嵩んでいたので、総額を確認いたしました。

しんち
結構金額が嵩んでしまいました!

新築一戸建の打合せもあと数回

打合せ

今回のインテリアの打合せで我が家は決めることは殆ど決めたので、打合せもあと数回となります。

残りは、照明の位置を決める打合せ、電気のコンセントやスイッチ類の位置を決める打合せ、カーテンの色を決める打合せくらいだそうです。

しんち
電気関連は事前に考えた方がよさそうですな

電気関連に関しては建物の骨組みが完成する前あたりにOKを出せば良いとのことで、まだ調べる時間はあるので、勉強していきたいと思います。

新築一戸建は土地選び、間取り作り、住宅ローンの勉強など色々勉強する事が多く大変ですので、効率よく情報を得る為にネットを使って無料でプランを考えてくれる「タウンライフ 間取り」などを使うと良いかもしれません。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事