スポンサーリンク

我が家の新築一戸建てで決める事も終盤戦となってきて、2週間ぶりに間取りの詳細図の打ち合わせに行って参りました。

場所は長野県S市の桧家住宅のモデルルーム内となっております。

しんち
間取りの詳細図を作ってもらってからこれで2回目の打合せとなりマス

4月着工したい人が多いらしくいつもは簡単に打合せの予約ができるのに段々と予約が取りづらくなってきているようです。

しんち
消費税増税前の駆け込み需要もあるのカナ

最初は間取りの詳細図の確認

確認

今回はの打合せは前回の打合せの間取りの詳細図を作っていただいてから入れた修正と決めた事が反映されているかを確認をしました。

しんち
前回よりはライトな打合せとなりマシタ

一階の間取りの詳細図

一階の間取り-190202前回の間取りでの修正内容

  • 前回の間取りからの修正内容は天井点検口の移動
  • 床下点検口の移動
  • 空調排気口の移動
  • 床下換気口の移動

前回の間取りで決めた事

  • ネット用コンセントの位置
  • 各種収納の棚の種類と高さ

前回の修正と決めた事が反映されていて完成に一歩近づきました!

二階の間取りの詳細図

二階の間取り-190202前回の間取りでの修正内容

  • 物干し竿の位置
  • 子供部屋のクローゼットの位置の左右の入替

前回の間取りで決めた事

  • 窓の大きさと位置

修正内容と決めた事が反映されており、こちらも完成に一歩近づきました!

小屋裏の間取りの詳細図

小屋裏の間取り-190202前回の間取りでの修正内容

物凄く悩んでいた小屋裏の大きさだったのですが、思い切って小屋裏を大幅拡張しました。

しんち
これだけ広ければ荷物がめちゃくちゃ入る!

前回の打合せでの宿題

我々宿題となっていた棚の位置や窓の大きさを確定しました。

追加の修正

追加の修正は入れておりませんが、前回保留していた棚の高さや段数など細かい事を家で妻のまどりちゃんと話し合って決めたので、確定させました。

着工予定日の確定

工事

当初は今年の7月ごろが着工予定日となっておりましたが、分譲地の完成が聞いていたよりも早く完成するとのことで着工予定日が早まりました。

2019年のゴールデンウィーク明けに着工予定となり、目標に色々決めていくことにしました。

新築一戸建の完成は8月の末予定となりました。

しんち
着工前に決めることの残りは内装と外構に色や仕様だそうデス

今後の打合せで決める内容

打合せ

我が家の図面はほぼ完成で、修正することもあまりなくなって参りましたので、今回で決めた事を詳細図面に反映して頂いて図面はOKとなりそうです。

今後の打合せで決めることは内装と外構の色と仕様コンセントや明かりの配置となるようです。

内装と外構の色や仕様は着工前に決めることで、コンセントや明かりの配置は建物の骨組みができてから決めることになるようです。

内装と外構の色と仕様

桧家住宅の場合、内装は7種類位から基本の配色セットを選び、選んだ基本の配色セットの中で2種類位の選択肢の中から設備の色を選ぶことになります。

桧家住宅は配色に関してはあまり自由度はありませんが、その分失敗する可能性も少ないので個人的に楽でいいなと考えております。

あまり選択肢がないのであまり苦戦はしなそうデス

コンセントや明かりの配置

コンセントの位置や明かりの配置は今まで深く考えておりませんでしたので、これから研究していこうと思います。

しんち
ここでも更なる予算オーバーの予感が!

注文住宅は決めることが多い

我が家はそろそろ終盤に入ってきましたが新築一戸建は決めることが多く、ハウスメーカーの中の縛りがあっても自由すぎてて大変ですね。

しんち
工務店への発注となると更に決める事が多そうデス

色々勉強しながら色々決めてきたので後悔のない家になるといいなと考えております。

新築一軒家は色々勉強したり間取りなどで考える事が多いと思いますので、勉強する効率などをあげるためにも無料でネットを利用した「タウンライフ 間取り」などで色々なプロのアイディアを貰うと効率がよくなると考えます。

それでは皆様にも良い新築ライフを!

 

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事