スポンサーリンク

新築一軒家を建てる際、頭金ゼロでも住宅ローンを組むことは可能ですが、新築一軒家の話を進める上で、本当に何も支払わずにゼロ円で新築一軒家の完成まで持ち込む事は難しいです。

しんち
フルローンなら新築一軒家が建つまで支払いがゼロだと思っておりました

両親に新築一軒家の費用を一部援助して貰える場合などは別ですが、完全に自力で、頭金ゼロでの話となります。

我が家は頭金はゼロでも現在は金利が安いのであまり問題ないと考えました。

我が家も実際、自営業の身で、頭金ゼロで住宅ローンの承認を得る事ができました。

頭金はゼロでも新築一軒家が完成する前に支払わないといけない費用があります。

しんち
我が家のケースですが以下の費用が発生しました

頭金ゼロでも住宅ローンがおりるタイミング

住宅ローン

住宅ローンがおりるタイミングは新築一軒家が完成して、新築一軒家の引き渡しが行われる時となります。

しかし、新築一軒家の引き渡しが行われる前に発生する支払いは色々あります。

我が家の場合桧家住宅で新築一戸建の建設を依頼しており、住宅ローンがおりる前の費用を桧家住宅が立て替えてくれる「つなぎ融資」という制度がありました。

しんち
利子はとられますが、現金を用意しなくてもいいので助かりますね

他のメーカーでもつなぎ融資はあると思われますし、つなぎ融資も使える住宅ローンもあります。

皆様もそれぞれの環境にあった住宅ローンを選びましょう。

しんち
つなぎ融資のありなしもハウスメーカーや住宅ローンを選ぶ基準にしていいかもしれませんね

頭金ゼロでも発生する支払い

住宅ローン

頭金ゼロでも色々発生する費用はこんな感じです。

頭金ゼロでも土地の手付金と土地の代金は必要

頭金ゼロでも土地の手付金と土地の代金は住宅ローンがおりる前に支払う事になります。

我が家は土地の手付金は自力で用意しましたが、土地の代金までは用意できないので「つなぎ融資」のお世話になる予定です。

頭金ゼロでも住宅メーカーの手付金が必要

住宅メーカーの手付金も頭金ゼロでも支払う必要があります。

我が家が新築一戸建の建設を依頼する桧家住宅では他のハウスメーカーと比べると比較的安い金額でしたが、住宅ローンがおりる前に支払いました。

頭金ゼロでも地鎮祭の費用は必要

頭金ゼロでも、新築一戸建の工事の安全祈願となる地鎮祭の費用も実費となります。

頭金ゼロでも印紙代は必要

桧家住宅の契約書を作る際も、土地の契約書を作る際も収入印紙が必要となり、この費用も新築一戸建の総額からすれば微々たる金額ですが、住宅ローンがおりる前に支払う必要があります。

頭金ゼロの我が家のケース

住宅ローン

頭金ゼロで田舎へ移住し、土地も所有していない我が家が、フラット35を使って桧家住宅で新築一軒家を建てる場合となります。

頭金ゼロでも新築一軒家が完成する前に支払いは発生するので、我が家のケースでいうと支払った金額は大体200万程度となりますので、新築一軒家を検討するならば、200万円は用意しておいた方が良いということになります。

我が家の場合、車をローンで購入しましたが、車のローンの完済も住宅ローンがおりる条件となりますので、更に100万円位必要となりました。

しんち
結局頭金ゼロでも300万円近くかかりました

ネットで一括で住宅ローンの審査を申し込めるサービス「住宅ローン一括審査申込」もありますので皆様に適した住宅ローン選びは大切ですね。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事