スポンサーリンク

我が家では新築一戸建を建てるのであれば、月額14.2万円の住宅ローンならば支払う事ができる可能性が高いという結論に至りました。

住宅ローンの月額の支払いに対するアイデアを考える

我が家ではどのようにして月額14.2万円の住宅ローンを払う事ができると考えたのかを書いていきます。

人それぞれお金の使い方は違うと思いますので、新築一戸建を検討する際の考え方の参考になれば幸いです。

しんち
例えば月収30万円の人なら誰でも必ず10万円を住宅ローンに回せるわけではありませんね

住宅ローンは月額いくらまで払えるか

家の形の計算機

毎月使うお金は家族の人数、年齢や家庭の状況、人それぞれ金銭感覚が違うと考えますので、ご自分の環境にあわせて住宅ローンを組むべきとワタクシは考えます。

固定費を整理して住宅ローンにあてる

住宅ローンに関しては田舎の新築一戸建に限った事ではありませんが、毎月出ていく固定費のうち新築一戸建が完成してから100%住宅ローンに回せるお金と、新築一戸建へ引っ越す事によって削る事ができるお金を考えます。

また、現状の固定費の契約を見直す事によって月々の支払いが変わるお金もあるでしょう。

月額の固定費を整理してどれくらいの住宅ローンなら無理なく組む事ができるのかを考えてみましょう。

注意

あくまでも我が家の場合です。

100%住宅ローンの返済に回す事ができるお金

家賃と車のローン

家賃 90,000円
車のローン 30,000円

家賃は引っ越せば100%、住宅ローンの返済に充てられますね。

車のローンは完済しないと住宅ローンが通りにくいようですので完済する事にし、この項目で考えると引っ越しと車のローンの返済により、月額12万円住宅ローン予算が確保できます。

月額

月額12万円が捻出できました

見直しによって住宅ローンに回せるお金

月額の見直し

毎月かかっているお金で、引っ越し、オール電化、携帯料金など、プランの見直しによって安くなるお金もありますね。

出て行く固定費をおさえて住宅ローンへ回せるお金があるか考えていきましょう。

しんち
我が家の家計で考えて参ります
携帯代 夫1台+妻2台 12,000円
ネット 5,000円
ウオーターサーバー 3,600円
電気代 18,000円
ガス代 8,000円
水道代 4,000円
灯油代(冬限定だが年間割) 2,000円

我が家は常に夫婦2人とも自営業で常に家で仕事をしているので家にいる時間が比較的長いです。

光熱費は他の家庭よりも高いと考え、 パソコンが常に4台位動いてましてパソコンは暑さに弱いのでクーラーを比較的長い時間入れてます。

携帯・固定電話・ネットのプランを見直す

電話

現在は引っ越し当初からテキトーに契約しておりましたが、調べてみると携帯・固定電話・ネット(電気・ウォーターサーバーも?)は「auケータイとセットでお得なauひかり」と、au一カ所にまとめてしまえば割引きできるでしょう。(自分がauユーザーなのでそこだけ知っている。)

このあたりは新築一戸建てを購入するケースとは関係なくやっておいて、月額の支出が削れると考えますので損はないですね。

ドコモもやってるようで発見できました。ドコモの方もイケそうです!「ドコモ光申込特典あり【ドコモ光正規代理店ビジョナリー】

ソフトバンクもありました。「 【SoftBank 光】

携帯電話のプランを見直した結果

auに携帯とネットをまとめた事で我が家では月額3,000円程度の出費を減らすことができました。

電気・ウォーターサーバーは家が完成してから契約し直すので今回は保留としました。

月額

月額3,000円が捻出できました

オール電化を検討してみる

オール電化

ガスと灯油ですが、オール電化にすればガス代と灯油代はかからなくなります。

我が家はプロパンガスの賃貸住宅に住んでおりますが、田舎はプロパンガス代がめちゃくちゃ高いです。

オール電化は月額の支払いを削る上で有効と考えます。

その分電気代が増えると思いますが、田舎で一番安いエネルギーは電気ですので、ガス代や灯油代を上回る事はないでしょう。

ガス代の月額

ガスの月額

賃貸住宅だと大家さん指定のプロパン業者となるので変更できないようで、我が家は市内でも特にお高い業者からガスを買わされているようです。

現在、月額平均8,000円払っておりますので、これが0円になるとかなりの節約になりますね。

灯油代の月額

灯油の月額

長野県は海から遠いので灯油代やガソリン代が高いので、灯油は冬場のみの出費ですが毎月で割ると、2,000円の月額支払いがオール電化にすることによって0円になれば節約になりますね。

オール電化にすると

ここでは光熱費の見直しによってガス代の月額8,000と灯油代の月額2,000円をあわせて、月額1万円住宅ローンの予算が確保できたとしましょう。

月額

月額1万円が捻出できました

我が家の夜型の生活スタイルではあまり効果はなさそうでしたが、電気代の節約に関してはソーラーパネルの検討もありかもしれません。

節約して住宅ローン費用を捻出することも

予算

我が家はキッチンが狭いせいでテンションがあがらないという点と、二人とも別々で自営の仕事を持っているせいか外食確率が極めて高いです。

さらにワタクシはタバコを吸っております。家事をする時間も仕事に回してます…。

この辺を見直すとそれなりに予算削減になると考えてますが、新築一戸建を建てたせいで家事が忙しくなったり、タバコも吸えず楽しくなくなるのは避けたいです。

とりあえず節約は考慮しないで予算オーバーした時の余力として、我が家では考えておきます。

想定外もありそうです!

しんち家は心が弱く我慢できないかもしれないので予算オーバーもありうると考えました。

減税と各種補助金は住宅ローンに換算すると

減税と補助金

住宅ローン減税とか各種補助金を駆使したら月額換算でおいくら?

他の記事で書きましたが、最低でも住宅ローン減税の恩恵で300万円位の減税は受けられそうですので、35年の住宅ローンで考えると月額9,000円位相当としましょう。

月額

月額9,000円が捻出できました

住宅ローンいがいの将来の支払いも考慮

将来の支払い

我が家は子供がいないのと予定もないのであまり考慮しておりませんが、子供が大きくなるにつれてかかる費用も計算に入れておくと良いです。

車の購入が近々必要になってくる場合もあるでしょう。

我が家では車の月々の支払いは新築一戸建の住宅ローンにまわす事にしましたが、本当は車の寿命が住宅ローンの支払期間である35年まではもたないので車のローンは住宅ローンに回さない方が良いと考えます。

そういった事も考慮すると予定通りいかなくなって支払いが厳しくなる事を避けられると思います。

節約の項目を住宅ローンの支払いに考慮しなかったのはそうした支払いが発生した場合、節約すればなんとかなると考えたためです。

マンションを購入する場合は管理費の事も忘れないようにし、マンションでも新築一戸建でも固定資産税の事も忘れずに考慮しましょう。

我が家で払う事ができる住宅ローンの月額

銀行

我が家が住宅ローンに回す事ができるお金は以下の通りです。

100%住宅ローンに回せる月額 12万円
引越しやプラン変更によって減る月額 1.3万円
減税と補助金の恩恵による月額 9,000円

我が家では月額14.2万円が現状の生活をあまり変えず出せる金額という事になりました。

最初から限界の予算で住宅ローンを組むときつくなる可能性もありますので、余力を残して考えた方がよいかもしれません。

一括見積りサイトでシミュレーションと審査をしてみましょう。

自営業でもイケルのか!?自営業はサラリーマンよりもハードルが高いと言うけど!

住宅ローン一括審査申込

詳しくは今後の記事で書いていきますが、占いによると一応いけそうデス。

しんち
ちなみにですが、住宅ローンを組むには2年前から準備しておいた方が良いです

しんち
自営業でも無事住宅ローンの審査に通りました

では、皆さまにも楽しい新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
おすすめの記事