複数のハウスメーカーの住宅展示場を回ると時間がかかり、1件あたり早くても1時間程度の時間が取られますが、新築一戸建の購入を検討している際は一生に一度の買い物となる可能性が高いので効率よく、なるべく多くの情報を得たいですよね。

「タウンライフ家づくり」はネットを通じて無料で複数のハウスメーカーや工務店へ新築一戸建のプランやカタログをもらえるサービスで時間の節約になりますし、色々なハウスメーカーの情報を効率的に得るコトができます。

  • 複数のハウスメーカーへ効率よく土地探しを含めたマイホームプランを作って貰える
  • 新築一戸建のプランはほしいけどネットだけのやり取りだと不安
  • しつこいセールスなどはないのか?本当に無料なのか?
  • 効率良く新築一戸建の情報を得る一つの方法

しんち
当然ながら無料です
新築一戸建の知識が全くなかった我が家は「タウンライフ家づくり」を利用して色々なハウスメーカーの情報を得られて、家づくりの知識を得るコトができました。

新築一戸建は「家を建てたいヒト」一人一人の要望を取り入れてつくるオーダーメイドの商品ですので、家に対する要望も家族ごとに違いますね。

我が家は2019年11月末に無事、トラブルもなく新築一戸建を建てましたが、新築一戸建の知識がなく、土地もない状態から新築一戸建について色々勉強しながら始めました。

ネット上だけで完結するサービスですので不安な部分もありましたが、「タウンライフ 家づくり」を利用して新築一戸建に関する知識を得るコトができ、結構満足度の高い家を建てられたのではないかと考えております。

しんち
色々な間取りプランのいいトコロを組み合わせたり、新築一戸建のカタログを貰えたりすると、かなり勉強になります

「タウンライフ家づくり」は大丈夫なのか?

パソコン

タウンライフ家づくりはネット上のやり取りだけで完結するサービスですので、なかなかプライベートな部分まで記入する個人情報の送信が必要になります。

  • カタログ類を送付するためには皆様の現住所が必要
  • 新築一戸建の提案を受けるには皆様の家族構成や家への希望が必要
  • 資金計画の提案を受けるには皆様の年収の情報が必要

「個人情報をネット上で送ったりしても平気なのか?」という不安がありますので、ワタクシも利用する前に「タウンライフ 家づくり」の運営会社を調べました。

「タウンライフ 家づくり」の運営元

会社

「タウンライフ 家づくり」の運営元はダーウィンシステム株式会社という広告代理店で、サーバーはKDDIのCPIというセキュリティの高いサーバーを利用していて、プライバシーマークを取得しています。

プライバシーマークとは一定の厳しい基準で個人情報を取り扱っている会社に貰える資格のようなモノで、大手の安心できるサーバーを使っているならば、個人情報の漏洩はあまり心配ないのではないかと考えました。

大手のハウスメーカーも登録している

ハウスメーカー

大手のハウスメーカーはTVでCMなどを流しているコトからブランドイメージを大切にしていると言えますが、「タウンライフ 家づくり」に登録しております。

「タウンライフ 家づくり」が怪しいサイトであるならば、登録している大手ハウスメーカーが大切にするブランドイメージに傷が付くことになるので登録はしないのではないかと考えました。

大手ハウスメーカーが「タウンライフ 家づくり」登録している点からそこまで不安はなのではないかと考えました。

「タウンライフ 家づくり」はなぜ無料なのか

タダほど高いモノはないといいますが、「タウンライフ 家づくり」はなぜ無料なのかというと、ハウスメーカーにとっては「タウンライフ 家づくり」が広告ツールだからです。

「タウンライフ 家づくり」は家を建てたいヒトからお金を取るのではなく、登録しているハウスメーカーや工務店が広告費としてお金を払っているので、家を建てたいヒトにとっては無料になります。

しんち
広告代理店が運営している「住宅業界の食べログ」のようなモノですね
広告費をハウスメーカーや工務店が払っているので「タウンライフ 家づくり」は利用者にとっては無料となります。

住宅展示場は個人情報を聞かれた上に時間がかかる

アンケート

ネット上だと不安だけど、直接足を運ぶ住宅展示場は「タウンライフ 家づくり」と比較して安心なのかと言われるとどうでしょうか?

「タウンライフ 家づくり」へ個人情報を送信するのと同様に住宅展示場へ行くと入ってすぐアンケートを書くコトになり、年収・住所・家族構成などを記載する欄があります。

住宅展示場へ行くと、アンケートを書いて希望する家の間取りや広さについての打ち合わせをして、住宅展示場内をセールスマンが案内してくれる流れが多いと考えます。

住宅展示場へ行くと1社あたり早くまわったとしても1社につき1時間くらいはかかり、個人情報も結局書くコトになります。

しんち
住宅展示場を何社もまわると結構時間を取られますね

電話などのセールスが心配

セールス

「タウンライフ 家づくり」は電話番号やメールアドレスを送信するコトにになりますので、利用した後の電話などのセールスが心配になりますよね。

我が家が利用した際、5社へ土地探し、間取りプラン、資金計画の提案とカタログをお願いしましたが、メールで詳しい打ち合わせのお誘いが2社、残り3社はプランをくれただけで、更に連絡はきませんでした。

しんち
我が家のケースでは電話はありませんでした

新築一戸建を建てる際、住宅展示場も5社ほど回りアンケートを記入しているので電話番号が知られており、住宅展示場は5社から後日電話がかかってきました。

しんち
電話がかかってくる確率は「住宅展示場」の方が高い傾向にあるように感じます
「タウンライフ 家づくり」を利用して電話がかかってくる可能性はゼロではないですが、強引なセールスは少ないと言えるでしょう。

万が一強引なセールスがあれば「タウンライフ 家づくり」の運営元に直接クレームを入れれば強引なセールスをした会社は運営元から注意を受けますので、強引なセールスに関しては対策できます。

運営元であるダーウィンシステム株式会社の電話番号は「03-5337-2997」となります

住宅展示場でも「タウンライフ 家づくり」を利用して新築一戸建の依頼先を決めるにしても、ハウスメーカー側はプランを作るのに労力を割いておりますので、多少のセールスはあったとしても仕方ながないのではないかと考えます。

「タウンライフ家づくり」で送られてくるモノ

荷物

「タウンライフ 家づくり」を利用すると送られてくるモノは新築一戸建を建てる上で重要になる4点となります。

  1. 間取りプランの提案
  2. 新築一戸建の資金計画の提案
  3. 土地をお持ちでなければ土地の提案
  4. ハウスメーカーや工務店のカタログ

間取りプランの提案

間取りプラン

「タウンライフ 家づくり」ならではと考えますが、同じ注文内容で間取りプランを複数社に提案して貰え、提案力を比較検討できるのはメリットと言えるでしょう。

住宅展示場を複数まわって打ち合わせを繰り返していると、同じような打ち合わせを何回も繰り返すコトになるので、打ち合わせで要望を伝えるのが上手になったり、最初はフワっとしていた要望が具体的になっていきますね。

皆様の打ち合わせスキルが打ち合わせ繰り返すたびに上がっていくので前半戦で打ち合わせしたハウスメーカーや工務店の提案よりも後半戦で打ち合わせした会社の方が良い提案をしてくる確率は高いと言えます。

「タウンライフ 家づくり」は同じ注文内容で各社が提案してくれますので、プランの比較検討がしやすいです。

住宅展示場を回る場合、「要望の出し方が上手くなった」皆様からお話を聞けるので、後半に訪れた会社の方が有利になるでしょうが、「タウンライフ 家づくり」は同じオーダーで各社の提案力の比較ができます。

土地の提案

土地の提案

ハウスメーカーや工務店の多くは一般人では見るコトができない「不動産屋専門の土地サイト」を見るコトができたり、提携している不動産屋から「不動産屋専門の土地サイト」の情報を得るコトができます。

不動産屋を回れば一般のヒトでも情報を得られると考えますが、「タウンライフ 家づくり」では一般には出回らない不動産情報を提案してくれる可能性があります。

しんち
ハウスメーカー巡りに加えて不動産屋巡りをすると忙しくなります
「タウンライフ 家づくり」を利用すると大手の「SUUMO」、「HOME’S」、「アットホーム」といった大手サイトに掲載されている土地の情報よりも良い情報を得られる可能性が高いです。

新築一戸建の資金計画の提案

見積書

住宅展示場を複数まわると、間取りと同様に最初に行った会社よりも後に行った会社の方が、打合せの経験を重ねた皆様の要望も固まっており、要望の伝え方も上手くなっているでしょう。

後に回った会社の方が欲しい設備などが具体的になっているので資金計画は作りやすいですが、前半の会社よりも新築一戸建の知識が増え、要望も増えて金額が高くなっていると予想します。

しんち
我が家は新築一戸建について知れば知るほどワガママが増えてしまいました
間取りと同様に「タウンライフ 家づくり」ならではと考えますが、複数社から同じ注文内容で資金計画が貰えるので、家を建てるのに必要な資金の相場がカンタンにわかります。

ハウスメーカーや工務店のカタログ

カタログ

個人的に「タウンライフ 家づくり」の一番のメリットはハウスメーカーや工務店の特徴を知るコトのできる「カタログ」を簡単に貰える点ではないかなと考えております。

カタログの価値

カタログは住宅展示場は工務店へ直接訪れれば確かに無料で貰えるモノではありますが、カタログを貰うためにはハードルが多少高いです。

カタログを貰うために住宅展示場へ行くと個人情報のアンケートを記入し、担当営業に家への要望などを伝えて、展示スペース内を回るとカタログを貰うために急いでも1社につき1時間程度かかります。

更に何社もまわると毎回、同じようなアンケートに記入して、担当営業へ同じような要望を毎回伝えないといけません。

しんち
無料ではありますが、カタログには皆様の1時間位と同じ価値があると言えるでしょう
ハウスメーカーや工務店の特徴がわかる

「新築一戸建を建てる」とヒトコトで言っても家を建てる方法やウリとしている設備、サービスなどはハウスメーカーや工務店ごとに大きな違いがあります。

カタログを見るコトによってある程度ハウスメーカーや工務店の特徴を知るコトができますし、新築一戸建の知識を得るコトができますのでカタログを沢山見るコトは失敗しない依頼先を選ぶ上で重要な要素になると考えます。

良い提案を貰う為のコツ

「タウンライフ 家づくり」はカンタン入力で済むと謳っておりますが、良い提案を貰う為のコツとしては「その他、間取り・資金作成でのご希望や要望」の部分を可能な限り詳細に入力するコトと考えます。

備考欄

プロに一言「全部お任せしますので私が考える理想の家を予算内で作ってください。」と注文したとして、理想の家ができる確率は極めて低いと言えるでしょう。

しんち
良い提案を貰うためには客側もヒントをなるべく多く提供する必要がありますね

「タウンライフ 家づくり」ならではのメリット

メリット

「タウンライフ 家づくり」を利用するメリットとして複数の住宅展示場をまわるよりも正確な相見積もりを取ることができます。

住宅展示場を複数まわる場合、前半で訪れた会社よりも後半で訪れた会社の方が、「毎回営業マンと同じような話をしている」ので打合せが上手になっていると考えられますね。

後半に訪れる会社の方が皆様の要望の出し方も具体的になって上手くなっているでしょうから、住宅展示場をまわる場合は後半に訪れた会社の方が良い提案ができる可能性が高いと言えるでしょう。

しんち
「タウンライフ 家づくり」は一箇所に各社の営業マンを呼んで新築一戸建に対する要望を伝えるのと同じようなコトができます
「タウンライフ 家づくり」は一回のリクエストで出した情報や要望が複数社に送られるので、同じ条件で間取りが作られ、土地の提案がされ、資金計画を作って貰えますので比較検討しやすいと言えます。

「タウンライフ 家づくり」で新築一戸建

メリット

「タウンライフ 家づくり」は住宅展示場を回るよりも効率的に情報を集められる点と住宅展示場を回るだけでは難しい、「同じ注文内容」でハウスメーカーや工務店の見積りや間取りを比較できるという点がメリットであると言えるでしょう。

  • 1社につき手に入れるのに1時間近くかかるカタログが短時間で貰える
  • 同じ注文内容で間取りの提案を複数社から貰えて比較できたりアイディアが貰える
  • 同じ注文内容で資金計画が貰えるので料金の比較がしやすい

カタログは無料で貰えますが、1社からカタログを貰うのに大体1時間かかりますので、ハウスメーカーのカタログには皆様の1時間分の価値があると言えるでしょう。

また、住宅展示場を回る際は完全に同じように打合せするコトが難しいので同じ注文内容で間取りや資金計画を考えて貰えると、比較検討しやすいです。

「タウンライフ 家づくり」の不安

不安

「タウンライフ 家づくり」を利用するの不安要素としては2点ありましたね。

  • ネット上で個人情報を送信して平気だろうか?
  • しつこいセールスはないだろうか?

ネット上で個人情報を送信する点は確かに不安はありますが、「タウンライフ 家づくり」の運営元である「ダーウィンシステム株式会社」はセキュリティの高いサーバーでタウンライフ 家づくりを運営しております、

また、「プライバシーマーク」という個人情報を一定の基準で厳しく管理しないと貰えない資格を持っているので、個人情報の漏洩に関しては一定基準の安心感はあると考えます。

「タウンライフ 家づくり」を利用した後のセールに関しては、ゼロ%ではないがあまり強引なセールするはなく、住宅展示場を回った時にかかってくる電話の方が多いくらいです。

しんち
セールスがしつこい場合は運営元であるダーウィンシステム株式会社「03-5337-2997」へクレームを入れても良いでしょう

新築一戸建の「タウンライフ 家づくり」のタイミング

タイミング

基本的に「タウンライフ 家づくり」は新築一戸建を建築する依頼先を決める前に使うサービスで、ワタクシも新築一戸建を建てた今、次に家を建てるコトがあるならばガッツリ要望を書き入れて、色々な会社にプランを提案してもらいたいです。

ハウスメーカや工務店など、新築一戸建を建築する依頼先を決めた後、間取りのアイディアや知識を貰うために利用するコトも可能でしょうが、新築一戸建を建築する依頼先を決める前が良いと考えます。

候補のハウスメーカーや工務店の提案に決め手が欠けるようなコトがあれば新しいアイディアも出てくる可能性もありますので、利用してみても良いでしょう。

いままで候補に挙がらなかった会社の設備をカタログで見てみると、意外と新しい発見などもあり、新築一戸建に関する知識が増えるコトもありますね。

「タウンライフ 家づくり」を利用して新築一戸建の依頼先をある程度絞ってから住宅展示場へ行くのが効率的ではないかと考えます。

しんち
カタログをある程度読んだり調べたりすると住宅業界の用語も色々と覚えられます

「タウンライフ 家づくり」の電話版も

電話

「タウンライフ 家づくり」には、ご希望の日時に予約して、電話でアドバイザーが新築一戸建に関する要望を伺ってくれたり、質問に答えてくれるサービスもあります。

申し込みフォームとメールだけでは不安でしたら電話で相談するサービスを利用してみるのも良いと考えます。

他のタウンライフ家づくりサービスと同様に電話サービスも無料となっております。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!