100万円

住宅ローンを組んで新築一戸建を購入する際、大きな金額を扱う事になりますが、ワタクシのような素人だと100万円以上だと金額が大きすぎて、給料の何十倍もの金額である3,000万円も4,000万円もピンときませんでした。

新築一戸建の事を色々勉強してワタクシなりに、金額の価値を判断する基準として行き着いたのは住宅ローンを組んだ時に100万円を返済すると月額いくらになるかという事でした。

35年払いの住宅ローンで100万円を返済すると、月額換算で約3,000円となります

しんち
100万円くらいだとなんとか価値が理解できました。

100万円が月額3,000円であるならば、1,000万円は大体月額3万円となって、我が家の予定している4,300万円の住宅ローンは大体月額13万円となります。

最初は3,000万円で考えてたのですが、土地の値段を甘くみていた点と、我が家は心が弱いせいで大幅な予算オーバーとなりました。

スポンサーリンク

住宅ローン別で100万円を計算

住宅ローン

正確に計算すると住宅ローンで100万円借りたとしても、選んだ住宅ローンの種類によって月額の負担は変わってきますので計算しておきましょう。

しんち
現実では100万円の住宅ローンは借入額が少なすぎて多分組めません

住宅ローンの計算は複雑で細かく書くとわかりにくくなりそうですので「フラット35のシミュレーター」を使って計算していきます。

※2019年6月時点での内容ですので、金利が上昇した場合はこの限りではありませんので、ご注意ください。

変動金利で100万円

2019年6月の金利でいうと、変動金利は「住宅ローン一括審査申込」で見ると一番安い金利が0.45%でしたので、この記事では0.45%の金利で100万円の住宅ローンを組んだ事にして計算してみましょう。

しんち
変動金利は35年の住宅ローンで100万円を返済すると月額2,600円になりますね

変動金利の一番安い住宅ローンだと35年間で100万円を返済すると2,600円となりましたが、四捨五入すれば3,000円となります。

固定金利で100万円

35年の固定金利といいますとフラット35となりますので、2019年6月のフラット35の金利を見ると1.27%でしたので、この記事では1.27%の金利で100万円の住宅ローンを組んだ事にして計算してみましょう。

しんち
固定金利は35年の住宅ローンで100万円を返済すると月額3,000円丁度になりますね

100万円の価値を知る

住宅ローン

新築一戸建の総額は家を建てるお話を大分進めないと、わからない部分もあり、100万円=月額3,000円などと覚えておくと、予算オーバーした際の月額の負担がどれくらい増えるかを把握しやすいです。

しんち
例えば、100万円のオプションを考えるのに月額3,000円の価値があるかどうかなどで判断できますね

返済額軽減型での100万円

お金を借りるときだけでなく、繰上げ返済するときに返済額軽減型で考えると、100万円繰上げ返済すると月額3,000円の負担を減らす事ができるということになります。

しんち
返済するときは100万円返したのに月額3,000円しか削れないのか!という気分になりますね

注意するコト

35年の住宅ローンで100万円が月額3,000円と考えると、100万円がなんとなく安く感じてしまうコトもありますが、実際は大きなお金であるというコトも覚えておきましょう。

我が家は100万円=月額3,000円が安く感じるという罠にハマって、今思えば多少無駄に予算オーバーして失敗した部分もあります。

しんち
我が家の新築一戸建の予定は、後悔してるわけではありませんが現在後戻りできないとこまできてしまっております

まだ住宅ローンの返済が始まったわけではありませんが、これからは仕事を頑張って予算オーバーした分もあわせて住宅ローンを返済していきたいと思います。

住宅ローン選びに関しては無料でネットを使って一括でいろいろな会社で審査してもらえる「住宅ローン一括審査申込」というサービスもありますので、こういったサービスを使って最適な住宅ローンを探しましょう。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

 

プランを提案してもらう

スポンサーリンク