スポンサーリンク

我が家新築一軒家を建てる際、光熱費の節約になると考え、オール電化の家にすることにしましたので、エコキュートという装置でお湯を作ることになります。

しんち
お風呂とキッチンの給湯器はエコキュートに置き換わります

我が家が住む長野県S市はプロパンガスが多い地域で、今まで都市ガスの地域に住んでいたワタクシからしますとプロパンガスはとにかく高いです。

この為、新築一軒家は多少電気代があがってもガスを使わずに済むオール電化にしようと考えました。

エコキュートとはなにかという点とエコキュートのメリットとデメリットについて考えていきます。

しんち
灯油も結構高いですので暖房も電気で済むなら済ませたいところです

エコキュートとは

エコキュート

エコキュートとは「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」の名称です。

エコキュートとは電気でお湯を沸かす装置でオール電化住宅の場合、エコキュートが導入されます。

エコキュートはガスを使う給湯器とは仕組みが違うので、ガスを使う給湯器と比較するとメリット・デメリットがあります。

しんち
エコキュートについて勉強していきます

エコキュートの仕組み

エコキュートの仕組みは、冷蔵庫やエアコンに使われている仕組みで、空気を圧縮や膨張させることにより、温めたり冷やしたりする事ができます。

簡単に説明すると、エコキュートは空気エネルギーと電気エネルギーを利用して熱エネルギーに変えてお湯を沸かす装置となります。

そしてエコキュートは空気と電気で沸かしたお湯は断熱材によって作られた「魔法瓶」のようなタンクに貯めます。

従って、エコキュートはガスを使った湯沸かし器のように瞬間的にお湯を作る事はできないので、一度湯切れを起こすと、数時間はお湯を使用することができなくなります。

しんち
エコキュートが使用するエネルギーはガスではなく電気となります

エコキュートとソーラーパネル

エコキュートとソーラーパネルは相性が良いですが、我が家の生活スタイルでは残念ながら蓄電池+ソーラーパネルの組み合わせでないと電気代の節約とはなりませんでした

蓄電池がまだ高額なため蓄電池とソーラーパネルを導入して光熱費を削ることができても赤字となりそうでした為、太陽光発電は断念しました。

生活スタイルによってはオール電化の新築一軒家を建てるのであればソーラーパネルを設置しても電気代が節約できるケースもあります

オール電化にするならば「【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!」あたりで検討してみることをお勧めします。

しんち
ソーラーパネルが発電している間に電気をたくさん使う場合はメリットがありそうです

エコキュートのメリット

メリット

エコキュートのメリットについて考えてみました。

電気代が安い深夜にお湯を沸かし、お湯を日中利用する為光熱費が安い

エコキュートはタンク内に水を貯め、電気代の安い深夜に水を温めてお湯を沸かし、日中使用することになりますので、光熱費の削減が図れます。

断水時した時にはタンク内の水を非常用の水として使うことができる

災害時等に断水した際、エコキュートのタンク内の水を使用する事ができます。

エコキュートのタンクの容量は選ぶタンク次第となりますが300ℓ〜600ℓ近くありますので、断水時にはしばらく持つでしょう。

停電が起きてもタンクから水を取り出し、使うことができる

エコキュートは停電時でもタンクから水を取り出し使用することができます。

環境に優しい

エコキュートは空気を汚さず、環境にも配慮されています。

エコキュートのデメリット

デメリット

エコキュートのデメリットについて考えてみました。

お湯は一旦タンク内に貯めてから使うのですぐに使うことはできない

エコキュートは水を一旦タンク内に貯めて温めてからお湯として使用する為、タンク内のお湯がなくなるとすぐに使う事はできません。

使いすぎるとタンク内のお湯がなくなる

お湯を使いすぎると、エコキュートのタンク内のお湯がなくなるので注意が必要ですが、300ℓ以上のお湯を一気に消費する場面はは少ないでしょう。

深夜に低周波騒音を起こす可能性がある

エコキュートの機械内のファンが回転する際、音を出しますので、これが低周波騒音となる可能性があります。

近所で騒音トラブルとなるケースもあるようですので、設置場所を注意した方がよろしいでしょう。

冬は効率が低下し、光熱費が高くなる

エコキュートは空気の力を利用するので冷えた空気を取り込むと暖かい空気で動かす場合で比較すると温める為に使用するエネルギーが増えます。

しんち
冬は電気代があがりますね

我が家でのエコキュート

オール電化

エコキュートのメリットとデメリットを勉強した上で、我が家ではオール電化を検討しておりますので、給湯器はエコキュートを使う事になり、基本的にお湯は夫婦二人で使用いたします。

タンク容量は370ℓと、4人家族でも使用できる容量を考えております。

しんち
ファミリーにも対応した家としております

夫婦二人で住むのでエコキュートのデメリットであるお湯が切れるという弱点はあまり考えなくてもよろしいですね。

湯切れが起こるとすれば、大人数が泊まりに来た場合にお風呂に入る人数が増え、お湯が切れる程度でしょうが、子供もいないので人が泊まりに来る事もあまりないと考えております。

しんち
一人泊まりに来た程度ではお湯も切れないでしょう

自宅の寝室や近隣住宅の寝室付近を避けるよう、エコキュートの設置場所を気をつければ低周波騒音の心配もなくなりますね。

我が家では色々考えた結果、プロパンガスのお世話にならずに、オール電化にする事は節約になる可能性が高い為、導入する事にしました。

それでは皆様も新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事