スポンサーリンク

住宅ローンを組む際、リースバックという切り札が存在するという事を知っておくだけで、住宅ローンの返済の不安が少し減ります。

しんち
リースバックについて勉強していきます

2019年の住宅ローンは超低金利に加え、リースバックのような切り札もあり、頭金なしで住宅ローンを組む事ができるとなると、昔よりは住宅が持ちやすい環境にあると言えるでしょう。

しんち
更に、自営業でも住宅ローン組めちゃいます

リースバックとは

比較

2019年現在は、住宅ローンの返済が上手くいかなかった時の選択肢の一つとしてリースバックという手段があります。

しんち
住宅ローン返済が上手くいかなった場合の奥の手ではありますが

リースバックとは自宅を売却してお金を受けとりつつ、売却した自宅に賃貸契約で住み続ける事ができる自宅の売却方法です。

昔は住宅ローンの返済に困った時は、どこからお金を借りてくるか家を売るという選択肢しかなかったよう思いますが、リースバックがあることによってしばらくは生活を現状維持ができるのです。

しんち
売却した自宅に住んでる間に自宅を買い戻す事も条件によっては可能です

 リースバックによって住宅ローンを組みやすい

リースバックを利用する事ができるのなら住宅ローンも組む際の返済の不安が少し減りませんでしょうか。

住宅ローンの返済が上手くいかなかったらリースバックを活用すればいいのですから、ワタクシの感覚からしますと、家を持つという事が大分お手軽になった気がします。

昔は一生賃貸派だったのですが、2019年の住宅ローンの低金利とリースバックを知ってノリで住宅を建てる事にしました。

しんち
契約書にサインしちゃいました

住宅ローン返済が上手くいかなかったらリースバックを利用し、生活を立て直す時間を稼げるので、良いですね。

リースバックを知っているだけで安心

浮き沈みの激しいと言われる自営業者のワタクシとしてはこのような逃げ道がある事を知るだけでも、住宅ローンが組みやすくなったなと思います!

大口のお客様に切られても自宅を失うまでの猶予がありますので、新しいお客様をみつける心が折れるまではマイホームが維持できます!

しかし、リースバックは果たしてそんなにいい事だらけなのでしょうか?

しんち
おいしい話にはウラがある…かもしれない

リースバックのメリットとデメリットを理解せずに利用するのと、理解してから利用するのでは違うでしょうから、調べていきたいと思います。

リースバックの売却金額と家賃

一軒家

リースバックは自宅がいくらで売れて、どれくらいの家賃になるのかをイメージしていきます。

リースバックの売却額と利用条件

リースバックを利用した自宅の売却額は残念ながら相場よりも安くなるそうです。

また、住宅ローンが残っている場合、住宅ローンを売却額で相殺できる位まで返済が進んでいないとリースバックは利用できません。

リースバックの家賃

リースバックの賃料の相場は1年で概ね売却額の10%との事で、大体10年で±0となる設定です。

例えばですが、住宅が2000万円で売れたとするならば、1年あたり200万円となり、1ヶ月あたり16.6万円となりますね。

しんて
リースバックを利用して自宅に10年以上住むとマイナスになります

2,000万円のリースバックを使った生活

リースバックを利用すると自宅の資産として残せないかわりの家賃が16.6万円となり、住宅ローンが相殺されます。

リースバックを利用して住宅ローンが丁度相殺であるならば、手元に残るお金ありませんね。

しんち
賃貸暮らしに戻るだけとなります

2,000万円のフラット35を仮にシミュレーション

2,000万円を10年で返済する固定金利1.41%(2018年11月現在)で住宅ローンを組めた場合は17.9万円となります。

実際10年のフラット35は組めませんがしんち家はフラット35で住宅ローンを組む予定ですのでイメージの為計算してみました。

しんち
利子がない分、リースバックの方がお安いのかな

リースバックのメリット、デメリット、リスク

ポイント

リースバックのメリット、デメリット、注意すべき点を考えていきます。

リースバックのメリット

リースバックのメリットは以下のような事になります。

  • まとまったお金が手に入る。
  • 売却した事に近隣は気づかない。
  • 引っ越さずに済む。
  • 買い戻す事も可能。

リースバックのデメリット

リースバックのデメリットは以下のような事になります。

  • 長く住むと売却額を賃料が上回る。
  • 売値が相場よりも低くなる。
  • 自宅を売却してもローンが残るような場合は使えない。
  • 資産は残せない。

リースバックのリスク

リースバックのリスクは以下のような事になります。

  • 売却した自宅は定期借家の賃貸契約となるので、更新の時期に退去せざるを得ない可能性がある。
  • 買い戻せない場合もある。
  • 毎月の家賃が発生する。
  • 家の所有権がなくなる。

どのようなケースがリースバックは向いているのか

リースバック

どのようなケースにリースバックが向いているのかというと、自宅に住み続けながらまとまったお金が欲しい人がこれに該当する事にはなるでしょう。

ワタクシが想像する感じの人はこんな人。

  • 自営業で仕事が一時的に上手くいかない場合。
  • 子供が出て行ったら住み替えるつもりで、一時的に子供の学費等が欲しい人。
  • 自宅を売る覚悟はできたが、子供の学校卒業までは引っ越したくない人。
  • 自宅を売却し残債を清算してから新しくローンを組み、家を建てたい人。
  • 病気やリストラ等で一時的に収入が途絶えた人。
  • 一時的に資金がないが、収入が上がる見込みのある人。
  • 一時的に資金がないが、後からお金が入ってくる人。

しんち
宝くじが当たる予定とかはダメですヨ

老後の資金にはリースバックは向かない

老後の資金確保に利用するのであれば10年以上住むと売却額を賃料が上回り赤字となります。

あなたがリースバックを考えた時、残りの寿命が10年以内であるとは、きっとわかりませんので、老後の資金作りにリースバックを利用するのであればおすすめできません。

老後の資金確保であるならば、現在の自宅を普通に売って安い中古の住宅を一括で買うなり、売った資金で賃貸を借りた方がいいでしょう。

または別の記事で書いているリバースモーゲジを利用した方がいいでしょう。

リースバックは選択肢の一つ

上記の考察から長期的に見るなら損であると考えますが、一時的に見るなら利用価値はありますね。

リースバックは住宅ローンの返済が予定通りいかなかった場合の選択肢の一つとはなります。

リースバックサービス「ハウス・リースバック」のようなサービスを利用する事によって現状のお金の問題が解決し、後からリカバーできる状況にある場合に有効という事になります。

我が家では住宅ローンの返済に困ったら選択肢の一つとしてリースバックがあるという事実を知ることによる安心感が、リースバックの一番のメリットだと考えております。

しんち
あまりお世話にはなりたくありませんが!

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

 

 

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事