住宅ローンの失敗

新築一戸建を購入する際、住宅ローンを組んで購入するケースが多いと考えますが、住宅ローンを組むにあたって注意するべきことを、先輩方の住宅ローン失敗談から学ぶとこれから住宅ローンを組む人のの失敗を防ぐ事につながりますね。

住宅ローンを組んだ先輩方の失敗談を知ってありがたく役に立てましょう

住宅ローンは返済が長く続くので、安定感を重視した返済プランが必要になってきますね。

しんち
金利の上昇を上手く察知できる方は可能な限り長く変動金利にして金利が上がる寸前で固定金利に切り替えるのがよいのではないかと考えます

35年後はどうなるかわからない点と金利上昇を上手く察知できないと考え、我が家は2019年は史上最低金利の状態で35年間金利を固定できる住宅ローンに疾病特約をつけて住宅ローンを組みました。

スポンサーリンク

先輩方の住宅ローンの失敗談

先輩の失敗

住宅ローンを組んだ先輩方の失敗談は概ね以下の通りですので、以下に該当しないように住宅ローンを考えれば失敗する可能性は少ないと言えるでしょう。

頭金ゼロで住宅を買って離婚した

頭金ゼロで住宅を購入した後で離婚したので、住宅を売却しても住宅ローンが相殺できずに借金が残って失敗した。

イレギュラーは仕方ない

離婚での失敗に関しては、借金を覚悟してまで離婚を選ぶのであれば仕方ない部分もあるとは考えますが、頭金を入れていたら相殺できたことになります。

しんち
我が家のケースでいうと20年目までは住宅ローンと家の価値の差が常に1,500万円ほどあることになりますね

ちなみに我が家も頭金無しです。

定年後も返済が続いて失敗した

退職金で住宅ローンを完済できるつもりでいたが、会社が倒産し定年後も住宅ローンを払う羽目になり失敗した。

35年の住宅ローンを組む最終のタイムリミットは45歳となりますが、35年の住宅ローンを組むのであれば完済時期が65歳付近になる30台前半までに一戸建を購入する決断できるのがベストですね。

金利選びで失敗した

変動金利で金利が安い時に限度額まで借りたので、金利が少し上がっただけで住宅ローンの返済がきつくなって失敗した。

この失敗を踏まえますと、2019年6月は史上最低金利の部類となりますので、限度額まで借りるのであれば、固定金利で安定させましょう。

しんち
我が家は史上最低金利で金利が固定できるフラット35を選びました

共働きで返済する予定だったが状況が変わった

共働きで住宅ローンを返済していくつもりで住宅ローンを組んだが、妻が出産を機に仕事をやめたので住宅ローンの返済が厳しくなって失敗した。

共同ローンはリスクが2倍になる

共働きでも、どちらかが一人で住宅ローンを組んだ方が良いというお話は、新築一戸建の勉強をしている時にも何度か聞いた失敗談ですかね。

共働き前提の住宅ローンですと、どちらか働けなくなった時に返済プランに無理が出る点もリスクですので、片方の名義で借りられる範囲で住宅ローンは組んで、二人で住宅ローンを返済する方が良いでしょう。

しんち
我が家のケースで言うと夫婦共働きですが、ワタクシが一人で払える範囲で住宅ローンは組みました

住宅ローンを組んだ後に病気になった

住宅ローンを組んだ後に団信の対象にならないような病気になり、仕事ができなくなった場合の保険をつけなかったために失敗した。

ワタクシは65歳以降も住宅ローンの返済が続くという点から、35年間安定して返済するために住宅ローンに疾病特約をつけましたが、何もなければ結構な金額が払い損になりますので判断が難しいですね。

しんち
我が家は払い損を覚悟して特約をつけたので保険はかけるに1票

団信に入らずに失敗

住宅ローンを組む際にフラット35は団信に入らずに組めるが、団信に入らず高度障害になり、働けなくなったために失敗した。

住宅ローンは長期に渡る借金となりますので、現在は健康でも35年間、健康である保証はありませんし、亡くなっている可能性も0%ではないと考えますので、団信はよほどの事情がない限り外さない方が良いですね。

ボーナス返済で失敗

ボーナス返済で住宅ローンを組んだが、会社の業績悪化によりボーナスが大幅にカットされたので、ボーナス払い月がきつくなって失敗した。

ボーナス返済に関しましては、金融機関に相談して返済プランを変更することもできますので、ボーナスが減ったら返済プランを変更するのも良いのではないでしょうか。

繰上げ返済をしすぎて失敗

繰上げ返済をしすぎて手元にお金がなくなってしまい、生活費を補填するためにカードローンを借りるハメになって失敗した。

住宅ローンは金利が一番低い借金となりますので、このような状況にならないように手元に多少はお金を残した方が良いことがここでわかりますね。

我が家も該当する失敗談がある

我が家が気をつけること

住宅ローンを組んだ先輩方の失敗談を調べることを思いついたのが、住宅ローンを組んでしまった後ですので、我が家も該当する箇所があるのですが、気をつけて返済を続けていきたいと考えております。

我が家でいうと、「頭金ゼロで離婚」と「定年後も返済」のあたりに注意しながら住宅ローンを返済していく必要がありそうです。

しんち
35年ローンが40歳スタートですので繰上げ返済をしなければ75歳まで返済が続きますね

離婚に関しては仲良くするということで解決できそうですが、住宅ローン返済中に自宅を売却することになると、我が家も頭金を入れてないので借金が残ることになりそうです。

65歳以降の住宅ローン返済に関しても、我が家は自営業で年金が少ないと考えますので、繰上げ返済を頑張りたいところです。

2019年6月のニュースで厚生年金を含めて月額20万円もらえたとしても2000万円生活費が足りないと言われて炎上していますので尚更自営業は頑張らねばなりませんね。

住宅ローンに関しては無料でネットを使って一括でいろいろな会社で審査してもらえる「住宅ローン一括審査申込」というサービスもありますので、こういったサービスを使って最適な住宅ローンを探しましょう。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

プランを提案してもらう

スポンサーリンク