スポンサーリンク

土地も持っていない田舎へ移住した、我が家が住宅ローンを組んで新築一戸建の注文住宅を購入するなら「つなぎ融資」を受ける必要があります。

建売の住宅、中古住宅、マンションを購入するのであればつなぎ融資は必要ないケースが多いでしょう。

また、新築一戸建の購入資金を一括払いできるようなケースもつなぎ融資は不要となります。

しんち
我が家は残念ながら一括払いで新築一戸建を購入できるほどリッチではありません

住宅ローンを組む事を考え、月額の支払いや予算については勉強してきましたが、住宅ローンがおりても入金は新築一戸建の工事が終わって受け渡しのタイミングとなります。

つなぎ融資とは

支払い

住宅ローンは承認がもらえた時点で、銀行口座にお金が振り込まれるわけではなく、購入した注文住宅が完成し、引き渡しが済んだ時点で融資が実行されます。

しかし土地を購入して、注文住宅を購入する場合、新築一戸建の完成前に発生する支払いがあります。

住宅ローンの融資が実行される前に発生する費用を立替えてくれる制度がつなぎ融資となります。

しんち
いい事ばかりではありませんが!

我が家は土地の手付金や細かい諸費用は自力で用意できましたが、用意できない場合はもう少しかかるかもしれません。

注文住宅を建てる際はつなぎ融資が必要になる事が多い

注文住宅の場合、建物が完成して引き渡されるまでに発生する支払いがあります。

つなぎ融資を借りる期間は土地を購入した時から新築一軒家が完成した時となり、つなぎ融資のお世話になる期間は大体3〜4ヶ月となります。

しんち
新築一戸建の着工から完成までは大体3〜4ヶ月位となります

ハウスメーカーや工務店によって支払うタイミングは多少変わってくるかもしれませんが、概ね同じようなモノと考えます。

土地の購入

新築一軒家を建てる際、土地を用意しなくてはいけませんが、土地を購入して新築一軒家を建てるのであれば着工前に土地の代金を支払い、自分と土地しなくてはいけません。

しんち
他人の土地に勝手に家は建てられませんね

我が家のケースですと、2019年ゴールデンウィーク明け位に着工予定ですので、この時に不動産屋へ1100万円位の支払いが発生します。

着工時

新築一軒家を建てるなら着工する際に着工金を支払う必要があり着工時に工務店や住宅メーカーにお金を支払う必要があります。

我が家のケースですと、桧家住宅に家の建設を依頼しますので、基礎ができたあたりで桧家住宅へ建物価格の30%程度払う必要があります。

しんち
建物価格の30%という金額は桧家住宅の場合となります

着工時に桧家住宅へ1000万円近い支払いが発生するでしょう。

中間金

新築一戸建の工事が始まってから、完成する間にも中間金として建物価格の約30%を支払う必要があります。

我が家のケースですと、中間金も桧家住宅へ1000万円近い支払いとなります。

完成時

完成時は住宅ローンの融資が実行され、つなぎ融資で借りたお金を清算し、新築一戸建の残りの代金を支払うことになります。

しんち
このタイミングでつなぎ融資への返済は完了します

つなぎ融資が不要なケース

既に建物が完成している中古住宅、建売住宅はつなぎ融資が不要なケースが多いと言えるでしょう。

また、マンションも完成して引き渡される時に融資が実行されますので、つなぎ融資は不要となるケースが多いでしょう。

住宅ローンの融資が間に合わない場合にはこれらのケースでもつなぎ融資を利用する場合もあるようです。

つなぎ融資の利子

つなぎ融資は注文住宅を建てる際、ありがたいシステムですがデメリットもあります。

つなぎ融資のデメリットは利子が高いという事です。

大体のつなぎ融資額の2〜4%位となるようです。

我が家のケースでいうと、大体4,000万円位の住宅ローンを組む事になり、3%程度の利子となりますので、簡単に計算していきましよう。

着工から完成は4ヶ月かかるものとします。

土地のつなぎ融資の利子

土地の代金にかかるつなぎ融資の利子は1100万円を年3%の利子で4ヶ月借ります。

1100万円×3%÷365日×120日=約108500円となります。

着工金のつなぎ融資の利子

着工金のつなぎ融資の利子は1000万円を年3%の利子で4ヶ月借ります。

1000万円×3%÷365日×120日=約98600円となります。

中間金のつなぎ融資の利子

中間金の支払日が曖昧ですが、着工から2ヶ月目に発生したとしましょう。

中間金の代金にかかるつなぎ融資の利子は1000万円を年3%の利子で2ヶ月借ります。

1000万円×3%÷365日×60日=約49500円となります。

我が家のケースでのつなぎ融資の利子

我が家のケースで計算したつなぎ融資の利子を合計すると、約256600円となります。

しんち
つなぎ融資は複利の力に襲わます!

住宅ローンを分割実行してくれる銀行もある

銀行

つなぎ融資を使わずに、住宅ローンの分割実行をしてくれる銀行もありますので、可能でしたらそういった銀行を探してみるのも手ですね。

我が家は自営業で頭金0円で住宅ローンを組もうとしました。

メインで使用しているUFJ銀行では自営業でも審査は可能とのことでしたが、頭金を用意するよう言われ、住宅ローン審査すらしませんでしたが、「住宅ローン一括審査申込」など住宅ローンを分割実行してくれる銀行を探してみるといいかもしれません。

しんち
見つかれば、4,000万円の住宅ローンなら大体25万円位お得になりますね

我が家ではつなぎ融資を利用

つなぎ融資

我が家のケースでは、新築一戸建の購入を決めた時は新築一戸建に関する知識があまりなかった為つなぎ融資の意味がよくわかっておりませんでした。

また、自営業で頭金ゼロで住宅ローンを組もうとしたため、住宅ローンの分割実行をしてくれる銀行があることも知りませんでしたので、つなぎ融資のお世話になる事にしました。

しんち
新築一戸建の話も結構進んでしまいましたので今更の変更は予定が狂いそうです

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

 

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事