引越しのトラブル

引越しは人間のやる作業ですのでトラブルを100%防ぐことは難しいですが、考えられるトラブルを想像して、事前に対策を取ることによって事故がおきる確率を下げてスムーズに引越しを進めるコトはできると考えます。

引越しで考えられるトラブルを洗い出して事前に対策しよう

新築一戸建を建築中の我が家も完成まで残り1ヶ月半を切った状況で、我が家では引越し業者は相見積りをとって依頼先を決めて、これから本格的に荷造りを進める段階となりました。

しんち
3ヶ月前くらいから引越しのことを考えてましたがあっというまに残り1ヶ月半となりました

我が家は、長野県で地域密着型の「引越し本舗」という引越し業者を選びました。

我が家の場合、引越し業者への依頼内容は荷物の移動、ウォシュレットの取り外し、洗濯機の取り外しと新居での取り付けとなります。

スポンサーリンク

引越しのトラブルをなるべく排除する

引越しのトラブル

引越しの際起こりうるトラブルとはどのようなトラブルかを考えると以下のようなコトが考えられます。

  • 荷造りが終わらない
  • 荷物の破損
  • 荷物の紛失
  • 料金に関するトラブル
  • 家屋の破損
  • トラックに入りきらない
  • 梱包資材の不足
  • 近隣への配慮

荷造りが終わらない

引越しの際、荷造りが終わらないというトラブルは引越し業者に責任はありませんが、荷造りの時間が思ったように取れずに荷造りが終わらないということもあり得るでしょう。

荷造りが終わらない場合、考えられる対策としては、何も考えずに目についたものを箱に詰め込んで無理やり荷造りを終わらせるか、追加料金を払って引越し業者に荷造りもお願いすることが考えられますね。

他にはトランクルームという貸し倉庫を借りて、一旦トランクルームに荷物を保管して、あとでトランクルームの荷物を整理するということも考えられますね。

しんち
荷造りは計画的に進めましょう

荷物の破損

引越しの際の荷物の破損は、引越しのトラブルとして一番イメージが湧くトラブルではないでしょうか?

荷物の破損に関しては引越しの際、どうしても防ぐことのできないトラブルとなりますので、荷物が破損した場合の補償内容をしっかり確認しておきましょう。

しんち
破損に関しては補償がしっかりしている業者がいいですね

荷物の積替えがない業者

長距離の引越しの場合、多くの引越し業者では旧居の荷物を営業所まで運んでから長距離トラックへ荷物を詰め替えて新居の近くの営業所まで運び、新居の近くの営業所でまたトラックに詰め替えて運んできます。

荷物の積替えは荷物が破損する確率がどうしてもあがってしまいますので、荷物の積替えがない引越し業者を選ぶとこういったことを防ぐことができると言えるでしょう。

荷物の紛失

引越しを進める作業員は引越し当日初めてあなたの家へ伺うことになって、ダンボールの数などを正確に把握しているわけでありません。

万が一荷物が紛失しても依頼主側でダンボールに番号を振るなど工夫をすることによって足りないダンボールがどのダンボールであるかを把握できますし、作業員がいる間に荷物が足りないことに気づくことができます。

引越し業者に梱包を依頼する家電なども紛失した場合にすぐに気づけるように数を把握しておきましょう。

料金に関するトラブル

料金に関するトラブルは多くのケースで、引越し業者に見積りの際、依頼していない内容の作業を引越し業者にやらせてしまうことによる追加料金の支払いとなります。

ゴミの処分、洗濯機やウォシュレットの取り付け、家電の配線など、引越し業者に依頼すればやってくれるケースが多いでしょうが、事前にお願いしておかないと追加料金が発生することになるでしょう。

しんち
見積りの際に作業内容をしっかり確認しましょう

家屋の破損

家屋の破損に関して、我が家へ訪問見積りに来た引越し業者は全て養生をしっかり行ってくれそうでしたのであまり心配はなさそうでしたが、荷物の破損と同様100%防ぐことのできる事故ではないですね。

家屋の破損に関しても補償内容をしっかりと確認して、安心できそうな引越し業者を選ぶと良いと考えます。

トラックに入りきらない

引越しの際のトラブルとして、トラックに荷物が入りきらないというケースがあり、荷物の量を担当営業が誤るとスムーズに退去ができなりますので、避けたいところですね。

トラックに入る荷物の量を誤らないためには複数の引越し業者に相見積りをとって手配してくれるトラックのサイズで見極めると良いと言えるでしょう。

ダンボール不足

引越しの際、よくあるコトであると考えますが、荷物をまとめていると梱包資材やダンボールが足りなくなるコトがありますね。

今まで利用した多くの引越し業者では、ダンボールが足りなくなった場合、中古のダンボールでよければ無料でお持ちしますというスタンスでした。

ダンボールは意外と値段が高いので追加のダンボールが有料の場合、高くつく可能性がありますので注意が必要です。

しんち
梱包資材でいうと食器包装紙も結構高いです

近隣への配慮

引越しの際、作業中はどうしても音が発生したり、引越しのトラックが邪魔になってしまいますので、近隣への挨拶などが必要であると考えます。

この作業を引越し業者側で引き受けてくれる業者もいますが、引越し業者側で近隣への挨拶をしないケースでは依頼主側で挨拶をしておいた方が良いと考えます。

しんち
近隣からのクレームとなったり入居後の人間関係に影響するコトもあるでしょう

引越しで取れる対策をしよう

引越し

引越しの時に起こり得るトラブルを把握して対策をすることで少しでもトラブルが起きる確率を下げることでスムーズに引越しを進めることができると言えると考えます。

引越しの際に考えられるトラブルで、荷物や家屋の破損は依頼主側の対策で防ぐことはできないでしょうが、他のトラブルは依頼主側の対策である程度防ぐことはできると考えます。

しんち
想像もできないようなトラブルもあるかもしれませんが!

最後に引越しのトラブルで起こり得るコトとして、複数の引越し業者に見積りを取るコトは良いコトと考えますが、複数の引越し業者と契約をしないようにしましょう。

複数の引越し業者と契約してしまうと、どちらかをキャンセルすることになり、ダンボールの代金請求やキャンセル料などが発生する可能性がありますのでご注意ください。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

プランを提案してもらう

スポンサーリンク