スポンサーリンク

新築一軒家を建てる際、相見積をとるべきという意見が多々ありますが、各社素材や仕様がバラバラなのでどの会社が一番お得なのかを判断する事が難しいですね。

相見積をとるのであればは、なるべく同じ条件でとる事がお得感を見極める為に大事になります。

しんち
我が家では主に担当営業との相性で決めました

新築一軒家の相見積は同じ条件にならない

相見積

皆様はどのような理由で施工先を決めましたでしょうか?

相見積の価格のみで新築の一軒家の施工先を決めるのも良いですが、本当にお得かどうかはわからないという事について書いていきたいと思います。

ワタクシも新築一軒家の事を何も知らなかった時は希望条件を伝えて、相見積をとって価格で決めようと思っておりました。

しかし、色々なハウスメーカーや工務店に相見積をとっても、完全に条件が同じ一軒家を各社に作って貰う前提で見積を出して貰うことはできませんでした。

各社、得意な事や標準規格が違いますので相見積をとったのはいいですが、お得感は判断できませんでした。

しんち
相見積をとった頃は完全に新築について何も知らない初心者だったのもありますね

相見積をとっても諸費用がバラバラ

ワタクシが数社からざっくりした相見積をとった時、一軒家を建設する際、絶対にかかるであろう諸費用の名称や項目が各社バラバラでした。

一軒家の本体価格と土地価格を抜いた価格が各社によってバラバラだと、相見積をとってもどこの会社がお得かわかりませんね。

相見積をとっても素材のがバラバラ

バラバラ

ハウスメーカーは規格があるので難しいかもしれませんが、工務店は素材のグレードを落とせば建築費用を削る事ができます。

相見積の数字を安く見せるために、材料をケチった結果、不都合もあるかもしれません。

かなり極端な話ですが一軒家の費用を限界まで安く抑えるならば、家の基礎無し、壁を断熱材無しでベニヤ板にしたら建築費用を相当抑えられますよね。

そんな構造ならば、妻のまどりちゃんのお父様が建築関係のお仕事をしていて、道具類は豊富に揃っているので、ワタクシがギリギリDIYで作れるレベルです。

きっと冬は超寒いし、耐久性も最悪でしょうが。

しんち
建築基準法違反かもしれませんが!

新築の一軒家は完全な相見積を取る事はできない

新築の一軒家は店売りの商品と違い、オーダーメイド商品のようなものになるので相見積をとっての価格の比較が難しいです。

店売りの商品の場合

型番が決まっている家電や家具の場合、数社から相見積をとって一番安い会社から買うのは安く商品を手に入れる為に効果的だと考えます。

一軒家はオーダーメイド商品である

家の模型

住宅は相見積を取る際、各社に完全に同じ条件で一軒家を建てて貰う事ができませんね。

一軒家はオーダーメイド商品のようなものとなるので、各社使える素材もバラバラですし、標準設備もバラバラですので相見積をとってもどこがお得なのか判断しにくいです。

オーダーメイドの相見積は難しい

オーダーメイド商品は完全な相見積を取る事は不可能ですよね。

従って、相見積を取り、価格だけで全てを判断することは難しいといえると考えます。

相見積の結果が安いからといって新築の一軒家の建設を依頼すると微妙な結果になるかもしれませんのご注意ください。

しんち
運が良ければお得ですが!

相見積に対するしんち家の見解

相見積

住宅の素人である我が家では相見積を取る意味はあまりなかったですが、相見積を依頼する時の担当さんの人柄はわかりました。

住宅に携わる職業の方は素材や設備の知識があって、相見積をとる事によっておおよそのお得感はわかるかもしれませんが、ワタクシのような素人ではわかりません。

各ハウスメーカーや工務店の売りとなる部分が気に入ったとか営業さんとの相性が良さそうという点で施工先を決めるのも一軒家が建った後の満足度を考えるとアリだと考えます。

最終的ににはこのような間取りとなりました。

我が家で施工先を決めた理由

我が家では「桧屋住宅」で決めましたが、理由としては以下の通りです。

  • 担当営業さんが建築学科出身である事。
  • 一軒家を建てた後の事も考慮して色々意見をお聞かせいただいた事。
  • 土地の確保や補助金、減税関連、住宅ローン関連が色々お任せでOKな点。
  • 質問に対する回答がわからない点は、はっきりと「分からないので調べておきます。」と言ってくれる点。(素人相手でもテキトーな事は言わない。)
  • 他のハウスメーカーさんを回った後で思った事ですが、他社を悪く言わない。
  • 我が家のワガママをリストアップしてお渡しした結果の間取り図が我々にハマった点。(ここに関しては流石はプロ!という感じでした。)

施工先を決める際は価格も重要な要素ではありますが、営業さんの提案力や相性等は価格に反映されませんので、こういった要素も含めて考えてもいいのではないでしょうか?

ハウスメーカーは沢山あるので、手早く施工先の候補を絞る場合は「タウンライフ」で相見積を作ってもらうのも良いと考えます。

我が家はタウンライフでカタログを取り寄せて、住宅展示場へ行き、カタログをくれたメーカーを回ろうとしていたところ、「桧家住宅」に声をかけられて、桧家住宅に決めました。

しんち
カタログ見てなかったらどうなっていたかは謎です

それでは良い新築ライフを!

 

スポンサーリンク
タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
おすすめの記事