スポンサーリンク

我が家では新築一戸建ての予算が決まったら住宅展示場へ行こうと考えましたが、その前にネットでカタログや図面を取り寄せて勉強しました。

カタログや図面を見てハウスメーカーの特徴なども参考になりますネ。

しんち
カタログで住宅業界の用語もなんとなく勉強いたしマシタ

一戸建てについてグーグル先生を使って勉強

検索サイト

我が家はネットで色々調べるのはソコソコ得意デス!

住宅展示場へ行く前にグーグル先生を使ってネットで勉強しました。

ハウスメーカーのホームページ

グーグル先生で検索して、近所の住宅展示場にモデルハウスを展示しているハウスメーカーの評判や特徴をチェックいたしました。

写真は綺麗ですが、ホームページだと間取りがわかるような写真とか図面の数がイマイチ少ないような気がしました。

特に間取りの図面は掲載してないとこが多いようでした。

図面はお客様にあわせた図面になるからあまりのせないのでしょうかね?

しんち
ホームページでpdfカタログを配ってくれればいいのに!

カタログはどこのハウスメーカーもフォームで情報を入力すれば送ってくれそうでしたが、全部のメーカーのフォームを入力してカタログを送ってもらうのも大変デス。

実際に新築一戸建てを建てた人の口コミサイトも

実際に家を建てた人の口コミもチェックしました。

気になりますよね!「メーカ名 口コミ」って感じで検索しました。

注意

ネットでの書き込みやブログ等は個人によって感じ方が異なる事や間違っている可能性もありますので100%鵜呑みにするのではなく「そういう意見もあるのネ」って程度に。

カタログや図面を取寄せてお勉強しました

カタログ

以前の記事で、新築一戸建ての予算は決まりました!

このまま住宅展示場で色々お話しを聞いてもよかったのですが、ネットから一括で色々な住宅メーカーのカタログを送ってくれたり、図面を考えてくれるサービスがある事を知りました。

どこのハウスメーカーに依頼するかはまだ決めていないのでカタログや図面を見てハウスメーカーを絞るヒントにもなるかと考え、ネットから一括でカタログや図面を送ってくれるサービスを利用させていただきました。

ワタクシが現在住んでいる長野県S市の賃貸アパートだと、近所に大型の住宅展示場があります。

我が家の環境としてはカタログは比較的貰いやすいですが、住宅展示場にはハウスメーカーが12社も入っておりますので、カタログを頂きに色々回るのも大変です。

しんち
1箇所1時間以上は見ておいた方が良いでしょう

カタログや図面を取り寄せてお勉強してから何社かに絞っていく事にしました。

このまま何も知らないで行くとただのカモだと思われてしまうカモ

一戸建てのカタログを取り寄せてみよう

家のイメージ

ネットで調べただけでも住宅展示場に突撃しても良かったのですが、もうちょっと詳しく知りたいのでカタログを取り寄せてみました。

新築の一戸建てに関して色々調べているうちにこんなサイトがあったのでカタログを取り寄せてみようという気分になりました。

タウンライフという一括でカタログを無料で貰えるサイトがありました!

ネットでカタログ一括請求の大元の会社を調べてみると

ダーウィンシステム株式会社さんという会社が運営していました。ワタクシと同じ広告業と「タウンライフ 」という一戸建てを立てるサイトを運営しているようですナ。

ダーウィンシステム株式会社さんは広告代理店っぽいですね。広告業はワタクシの本業なのでよくわかりますが、割と倒産しやすいです。

会社概要をみると2003年から2018現在まで15年間は生き残れている会社はかなり凄い会社なのかなとも思います。

因みにワタクシは2008年にフリーランスのデザイナーとして独立して2018年まで10年位細々と営業しております。ワタクシよりも長くやっている!

素人のワタクシでも知ってる大手のハウスメーカーも登録している位だから名前は聞いた事ないけど、怪しい詐欺サイトではなさそうです!

タウンライフにポチっと突撃!カタログが楽しみデス!

 

外構イメージ

間取りと資金計画を考えてくれるそうで。

便利そうだけど、これ入力すると「毎日セールスの電話がかかってくるのだろうか?」と、思いながら請求してみました。

長野県は少なめなようで5社しか選択できないようなので全部選択しました。聞いたことある3社と聞いたことない2社。

素人だから知らないだけかも。電話が沢山かかってきたら色々聞いてみようといった軽い気持ちでポチっとな!

しんち
ワタクシがOKを出さなければ一戸建て計画は進まないのだからネ。

こんな条件で請求してみた

我が家は妻とワタクシの二人しかないのですが、家の大きさを広めに設定して超広いリビング(ここで仕事する+リビングにしたい)と使いやすいキッチン等をテキトーに入力!土地込みの予算は3,000万円!

一戸建てのカタログ請求から3日後…。図面等も頂けました!

外構プラン

ポチッとしてから3日後、最初のメーカーからカタログと間取りプランの図面、資金計画書が届きました。こういった間取りプランの図面や資金計画書を見るだけでも勉強になりますネ。

カタログの図面や設備写真を見るとこれから建てる新築一戸建ての妄想が広がります。最新の設備や一戸建てはイイナ!

大体1週間位で5社からのカタログが届き、間取りプランの図面と資金計画が3社から届きました。机が書類だらけに!

間取りプランの図面と資金計画をくれなかった会社様的には土地込みで3000万円だと予算が少し無茶でしたカネ?

間取りプランの図面や資金計画書を作ってくれた会社様に許可をとっている訳ではないので間取りプランや資金計画とカタログの掲載はお許し下さい!

カタログで一戸建てのイメージが膨らみました!

安心

間取りプランの図面とカタログのおかげで妻のまどりちゃんと色々話が盛り上がって大分イメージが湧きました!

同じ条件で間取りプランの図面をお願いしましたが、3社とも違う感じで、A社のリビングとB社の2階部分を組み合わせて…、C社の水回りなら最強!とか妄想してました!

これのおかげで住宅展示場へ突撃した時に聞きたい事が色々リストアップできました。

また、資金計画も自営業のワタクシはお金の事が心配なのでそういった事も少しだけイメージできて少し安心しました。3000万円だとワガママ言ったり、購入する土地次第で大幅に超えそうダナと理解しまシタ。

各社断熱アピールしてましたね。長野県S市は寒冷地なので冬を暖かく過ごせるというのは一戸建てを立てるメリットでしょうかね。

現在我が家が住んでいる賃貸アパートは3階建ての2階なので上の部屋と下の部屋が暖房つけると2階の我が家にも暖房効果があるような気がします。

外は-5℃位でも室内は10℃を下回る事はあまりありません。我が家の暖房も深夜につけていると上下に伝わっているのでしょうけど!

夜中の活動が多いの夜中は我々の暖房MAX効果でで上下の方々が暖かく過ごせているのかしら?

セールスはドウシタ?

一戸建てのセールスマン

タウンライフをポチっとしてからセールスの電話ラッシュかと思ったら掛かってこないッスね。請求もない(無料だから当然ですが!)

身構えていたのに拍子抜けでした。かかってきたら逆に色々聞いてみたかったのですが!メールは2社からきました。

参考になったんで検討します!あざす!」的なお礼の返事しときました!気に入ったら連絡してネって程度なのかしら。

一応、電話番号と住所を記入しなくてはならないので、0%とは言えませんが、あんまりオラオラ営業ではなさそうですね。最近は強引に勧めると怒られるからでしょうかね。

カタログは見た!いよいよ住宅展示場へ突撃!

突撃する兵士

最寄りの住宅展示場にある12社のうち、カタログが請求できた3社にまず行ってみて、他にはワタクシの実家を建てた会社もみてみよう。

注意

●●社を絶対に勧めるわけじゃないので社名は出しませんが!

あとはネットで見た感じで良いなと思った2社も見たいナ。とかやってると時間かかりそうですな。

住宅展示場の周り方等もネットで調べられる最強のグーグル先生によると、営業さんの話を聞いたりしてると1時間位かかるみたいです。

完成時期は急いでいるわけじゃないので、長期戦になるかもしれません。

新築の一戸建てを考えるなら下準備として「タウンライフは結構良いのではないかと思います。

間取りプランの図面やカタログを貰えるだけでも、色々と勉強になりますし、新築で一戸建てを建てる知識が割と得られます。長野県S市ではあまり登録してる会社がありませんでしたが、勉強にはなりました。

都市部で新築一戸建てを考えていたら選択肢も多いので大分重い資料がたまるのではないでしょうか。たくさんの間取り図もいただけそうです!

しんち
モデルルームに行っても結局個人情報を書かされますので、タウンライフで個人情報書くのも一緒と考えました。

それでは皆様にも良い新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事