スポンサーリンク

我が家は夫婦二人暮らしで子供はいませんが、将来マイホームを手放す事や貸し出す事も考えてファミリーでも使える一軒家を立てるつもりです。

ファミリー向けで桧家住宅に考えて貰った最新の我が家の間取りはファミリー層に通用するのかを考えていきます。

しんち
二人の両親の誰か同居の可能性もありますし広めの家になりました

ファミリー向けを狙った間取り

我が家の間取りは以下の通りで、4人家族のファミリー向け3LDKとなり、今後この間取りから大きくは変更しないと考えております。

ファミリー向けの1F

我が家は夫婦二人とも自営業で、自宅で仕事をするのでリビングは可能な限り広く取っておりますので、ファミリーでも十分な広さと考えます。

間取り図6枚目-1階

ファミリー向けの2F

2Fはファミリーで考えると夫婦の寝室と子供部屋が2部屋確保しております。

間取り図6枚目-2階

ファミリー向けの小屋裏

小屋裏は一応部屋として使えますが、天井が低いのでファミリーでも荷物置き場となるでしょう。

間取り図6枚目-3F

一番多いファミリーの家族構成

両親と子供二人

日本で一番多いファミリーの構成は両親と子供二人のようで、子育て中の両親と子供二人の4人家族をベースに動線について考えていきます。

ワタクシは両親と妹二人の5人家族で、ファミリー向けの4LDKの一軒家に育ちましたが、当時でワタクシが感じた不便さを元にイメージしていきます。

しんち
ワタクシの実家もトイレは2箇所ありました

ファミリーの時間毎動線

間取り図6枚目-1階

間取り図6枚目-2階

ファミリーの平日の動線と休日の動線を考えてみる。

しんち
ファミリーの動きはあくまでイメージです

平日のファミリーの動き

朝のファミリーの動き

朝のファミリーの動きとしては、両親の出勤時間と子供の登校時間が被る可能性があり、朝は洗面所を利用する時間が被る可能性がありますね。

我が家の間取りだと洗面所も1Fと2Fに作っておりますので、多少被っても何とかなりそうです。

特に子供が女の子だと、中学生になったあたりから朝は洗面所を占領する時間が長い可能性がありますね。

昼のファミリーの動き

昼のファミリーの動きとしては、専業主婦であるなら一人ですので、動線が被ることはないでしょう。

夜のファミリーの動き

夜のファミリーの動きとしては、風呂の時間とトイレが被る可能性がありますが、我が家の間取りだと誰かがお風呂に入っていてもトイレは2箇所使えます。

風呂を2箇所作るの程のお金持ちではないので、風呂が被った場合は譲り合いでしょうか。

休日のファミリーの動き

平日

朝のファミリーの動き

朝のファミリーの動きとして、休日の朝は割とバラバラでしょうからあまり考慮しておりません。

昼のファミリーの動き

昼のファミリーの動きとして、休日の昼も動線がぶつかる事はあまりないのではないでしょうか。

夜のファミリーの動き

夜のファミリーの動きとして、平日と一緒で風呂の時間とトイレが被る可能性がありますが、我が家の間取りの場合、誰かがお風呂に入っていてもトイレは2箇所使えます。

風呂が被った場合は譲り合いでしょうか。

ファミリーの音

間取り図6枚目-1階

間取り図6枚目-2階

ファミリーの場合、寝る時間がバラバラだと音が気になりますので、上下の騒音と横の騒音を考えてみます。

我が家の間取りだと、リビングスペースの上は2つの子供部屋となっており、ダイニングスペースとキッチンの上に夫婦の寝室となっております。

そして風呂場の下は玄関となっております。

音の失敗談は新築の先輩方も結構あるようですので、考えた方がよいでしょう。

ファミリーの縦の騒音

1Fと2Fの間で騒音が気になる状況としましたら、子供部屋で子供が寝ている時に下のリビングで誰かが大音量でテレビを見る時でしょうか。

夜の時間に夫婦の寝室で誰かが寝ている時にダイニングで大騒ぎする事はあまりないでしょう。

しんち
昼間だと両親のどちらかが昼寝中にダイニングでトークが盛り上がることはあるでしょうが、頻繁にその様なことはなさそうです

また、お風呂は玄関の上にあるので下の階に音の配慮は不要ですね。

ファミリーの横の騒音

ファミリーの横の騒音はどうでしょうか?

1Fは壁がないので、音に関しては部屋中に聞こえますが、リビングに家族のメンバーが2人いて静かにして欲しい状況はあまり想像がつきませんので、あまり考慮しませんでした。

しんち
子供が受験の時にもしかしたらありうるでしょうか

2Fは2つの子供部屋の間にはクローゼットがあり、多少は音を防げるようにしております。

風呂場と寝室の間にもウォークインクローゼットがあるので、多少は音を防げるでしょう。

左上の子供部屋とトイレの間の壁が薄いですが、苦情が出るようだったら1Fのトイレを使うという事もできますね。

ファミリーの家事の動き

間取り図6枚目-2階

1Fにキッチン、2Fに洗濯スペースがありますので、我が家の間取りだと洗濯をしながら料理はし辛いですね。

その辺は妻のまどりちゃんが覚悟の上との事でしたので、諦めましたが、代わり洗濯機からバルコニーまでは行きやすくなっております。

しんち
家事動線はファミリー向けとしてはマイナスポイントでしょう

来客あった場合の動き

間取り図6枚目-1階

宅急便などの来客があっても玄関からリビングは見えない点と、トイレのドアの向きも玄関からは見えないようになっております。

宅急便の対応をしている間に誰かがトイレへ行く等が発生しても玄関からみられる事はありませんね。

割とファミリー向けの一軒家

しんち、なるほどのポーズ

完璧とは言えませんが、ワタクシがイメージした感じだと、割とファミリーに貸したり、売ったりする事を考えてもいける気がしました。

我が家はイメージだけですが、皆様もファミリー用の一軒家を考える場合、こういった事も考えると快適になるのではないでしょうか?

立地に関しても土地選びでエリアを考えた際の小学校と中学校から近い場所となっております。

ファミリー向けの間取りを考える際は

我が家は間取りへの要望をしっかり固めて、新築一軒家を建ててもらう桧家住宅に間取りを考えてもらいました。

しんち
かなりお高い買い物ですので家に望む事を時間をかけて考えましょう

我が家はあまり新築一軒家の事勉強する前の初心者の段階でやってしまいましたが、家に対する要望をしっかり固めてタウンライフ間取り」をやってみたらもっと凄い間取りになったかもしれません。

新築一軒家は勉強することや考える事が沢山あるので、発注する側がどれだけ上手に発注できるかも満足度の高い一軒家を建てる重要なポイントになると考えます。

しんち
我が家もまだ建ったわけではないので上手に発注できたかどうかはまだわかりませんが!

それでは皆様も良い新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事