スポンサーリンク

新築一戸建を建てる際、企画住宅であらかじめプロが考えた間取りの玄関であるならば、あまり迷う事はないでしょうが、自由設計で自由に作れる玄関だとどれくらいのスペースが必要であるのか判断が難しいです。

しんち
玄関について期待する機能と広さを考えましょう

我が家が現在住んでいる賃貸アパートの玄関は出入り口に半畳程の土間があるだけのシンプルな玄関となっておりますが、夫婦二人だけでも狭く感じております。

ファミリーの方ならなおさら玄関にはそれなりの広さを持たせた方がよいと考えます。

玄関に期待する機能

玄関

玄関とは家の入り口で、間取りを作る際にスペースが足りなくなった場合に、部屋を広くする為に削る第一候補ですよね。

玄関がただの出入口だからといってスペースを簡単に削ってしまうと家を建てた後で不便に感じる事もあると考えます。

しんち
玄関に置いておきたい物は意外と多いと考えます

玄関に持たせる機能によって皆様にとって最低限必要な玄関スペースがどれくらいかを把握しましょう。

玄関に限らず、各部屋でこういった事を考えると注文住宅を建てる際、後悔する可能性減る事になるでしょう。

考えられる玄関の機能

皆様は玄関でどのような行動を取り、どのような物を収納するでしょうか?

ワタクシの想像できる範囲ですが、一般的に玄関でとるであろう行動や収納するであろうものをリストアップしてみました。

  • 出入り口
  • 靴をしまう
  • 長靴・ブーツをしまう
  • 靴を置いておく
  • コートをかける
  • 帽子をかける
  • 宅急便等の荷物を一時的においておく
  • 自転車を玄関におく
  • スポーツ用の道具ををおく
  • 灯油を置いておく
  • ベビーカー・三輪車を置いておく
  • ウォーターサーバーの水をおく
  • 雪かき道具をおく
  • 傘をおく
  • スリッパをおく

機能を考えてから玄関の広さを決める

土間

玄関で取る行動と収納するであろう荷物をイメージしたら、玄関に必要なスペースを考えていきましょう。

リストアップした内容を満たす為にはどのような設備と、どの程度の広さが必要でしょうか?

しんち
必要のない項目は削っていきましょう

玄関の土間

靴を脱いだり履いたりする、玄関では大事なスペースである土間ですが、どれくらいの広さが必要でしょうか。

女性はブーツなど着脱に時間がかかる靴を履いたりする事もあるでしょうから、新築一軒家であるならば二人同時に靴を履ける程度のスペースがあるといいかもしれません。

二人同時にしゃがむとどれくらいのスペースが必要かというと、大体70cm×140cm程度あれば十分でしょうか。

このように考えると靴の脱ぎ履きに必要な土間の適正な広さは1帖弱となりますね。

ブーツが入るような大きい下駄箱

スニーカーしか入らない下駄箱だと、ブーツなどの背の高い靴が土間に出しっぱなしになりますので、ブーツや長靴が入るような大きい下駄箱があった方が良いですね。

幅120cm×奥行き40cm位でしょうか。

しんち
我が家は妻のまどりちゃんのブーツが結構多いです

玄関のクローゼット

帰ってきてすぐコートをかけられるような小さいクローゼットがあると便利ですので、小さいクローゼットは90cm×90cm位でしょうか。

家族が多ければもっと広いクローゼットが必要になる場合もありますね。

ベビーカー等、道具、荷物を置く土間収納

アウトドア用品、スポーツの道具など室内に持ち込まずに土間に置いておきたい荷物が置きやすい土間収納スペースは1帖程度でしょうか。

自転車等を玄関に置く場合は2帖程度あるといいですね。

皆様の家で必要な玄関スペースを考える

リストアップした玄関機能が皆さまの家で必要かどうか検証し、玄関の設備をお考えください。

しんち
ワタクシの想像が及ばない使い方をする場合はスペースを考えましょう

玄関の広さを考える際、行動と必要な機能を考えて作ると失敗する確率も減るでしょう。

我が家の玄関

下駄箱

我が家も折角、自由に家を作る事ができるだから玄関の事も真剣に考え、賃貸アパートの玄関での不満を新築一軒家の玄関では潰していこうと考えております。

賃貸アパートの玄関

現在我が家が住んでいる賃貸住宅の玄関は半帖程度の土間スペースと80cm幅の下駄箱があります。

土間スペースは廊下と繋がっており、廊下には灯油缶や、ウォーターサーバーの水が置いてあって決して使いやすいとは言えません。

ブーツや背の高い靴は下駄箱に入らない為、出しっ放しとなっております。

しんち
出しっぱなしの靴と狭い土間に荷物があって玄関は使いづらいです

新築一戸建の玄関

新築一戸建の玄関で我々が取る行動と収納したい物を考えていきます。

我が家が玄関で取る行動

我が家は玄関でどのような行動をとるかと考えていきますと、玄関を通して家の中への出入りをします。

しんち
勝手口もありますが

玄関では靴を脱いだり履いたりは当然しますので、靴の脱ぎ履きのための土間スペース1帖が欲しいことになります。

我が家の靴の数はかなり多く、玄関に靴は保管したいので、玄関にで大きい下駄箱が必要となるでしょう。

また、外から帰ってきた際、玄関のクローゼットにはコートや帽子をかけたいので、玄関にクローゼットが欲しいです。

土間には宅急便の荷物やウォーターサーバーの水を置きたいですので、土間に1畳程度の荷物を置くスペースも欲しいです。

しんち
玄関に色々おいちゃいますね

灯油は必要なら土間に置きたいですが、桧家住宅の「Z空調」のおかげで使わなくなる事に期待しております!

最低限必要な玄関スペースは約3.5帖程度という結論になりました。

我が家の最終的な玄関

賃貸アパートでの不満を解消するような玄関を新築一戸建では作ろうと考え、我が家の玄関は靴を脱いだり履いたりする為の土間1帖、物を置ける土間スペース1帖、大きめの下駄箱、小さめのクローゼットをつけました。

しんち
割と玄関を広くとってもらいました

玄関に関しては我が家も最初はあまり考えていなかったのですが、収納の事などを考えているうちに、「玄関って実は収納するものが多いのでは?」と考えました。

我が家は新築一戸建に関しては初心者のうちにネットで色々な会社に一括して間取りや資金計画、土地の事を考えてもらえる「タウンライフ 間取り」を利用したのですが、要望を具体的にして利用すると凄い間取りがもらえるかもしれません。

しんち
少なくともプロのアイディアはもらえるでしょう

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

 

スポンサーリンク
タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
おすすめの記事