スポンサーリンク

新築一戸建を立てる際、まずは最初に土地のことをどうするか疑問に感じると思いますが、新築一戸建を建てるための土地を手に入れる方法は色々あります。

  • 不動産屋から購入する
  • 土地を持っている人から直接買う
  • ハウスメーカーに土地探しを手伝ってもらう
  • 親などから土地をもらう

新築一戸建を建てる土地を手に入れるというだけで選択肢はいろいろありますが、今回はハウスメーカーに土地探しを手伝ってもらうというコトを考えていきます。

ハウスメーカー に土地探しを手伝ってもらう時に注意するコト

土地なしでハウスメーカーへ行っても良い

ハウスメーカーの土地探し

我が家は土地をみつけてからハウスメーカーへ行くのかなと考えておりましたが、ハウスメーカーも土地探しを手伝ってくれたり、土地を所有しているケースもあります。

我が家のケースだと新築一戸建を建てるにはどうしたら良いのかをわからなかったので、話を聞くためにとりあえずハウスメーカーへ行った感じとなりました。

土地なしで新築一戸建の購入を検討するならば、最初にハウスメーカーへ行ってもOKで、我が家も土地探しをハウスメーカーに手伝ってもらいました。

しんち
土地はハウスメーカー以外のルートで決まりましたが!

ハウスメーカーが土地を用意してくれる

ハウスメーカーはお客さんが要望を伝えるだけで土地探しを手伝ってくれて、土地の情報を得る方法は素人よりも幅が広くいろいろあります。

しんち
ハウスメーカーへ伝える要望の考え方はコチラ

ハウスメーカー所有の土地

ハウスメーカーの中にはあらかじめ売れそうな良い土地を買い取って、土地を探しているお客さんに売ってくれたり、建売住宅を立てて販売するところもあります。

しんち
ハウスメーカーのホームページで見る事ができるケースもあります
元の値段がわからない

ハウスメーカー所有の土地はお客さんに家を建ててほしいので、割安になっているケースがあると考えますが、元の値段がわからないので土地の代金にも利益をのせているケースもありますので注意する必要があります。

しんち
利益をのせているケースはレアでしょうが、ないわけではありません

最近ハウスメーカーが売り出す土地を見ていたら、以前我が家が候補にしていた土地であることに気が付いて、我が家が検討していた時よりも価格が高くなっておりました。

営業マンは不動産屋巡りの効率が違う

不動産屋巡りは個人でもできますが、同じ不動産屋に土地の情報貰いに行く場合、ハウスメーカーの営業マンと素人の我々では情報を貰うまでにかかる時間が違ってくると考えます。

ハウスメーカーの営業マンならば、電話で土地の情報をFAXしてもらって終わりでしょうが、素人の我々が不動産屋に行くと、打ち合わせしたり土地の見学にいったりして時間がかかります。

営業マンの知り合いの畑

少し特殊なケースかもしれませんが、我が家が土地探しをしている際、営業マンの知り合いが畑を持っていて、家を建てる人がいれば畑を売っても良いというスタンスでした。

しんち
立地条件が少し希望から外れておりましたので購入はしませんでしたが!

自分で探すよりも良い土地にである可能性がある

自分で土地を探す方法としては不動産屋を回ることかはネットで土地を検索することになりますが、ネット上では不動産のプロ専用の土地検索サイトもあります。

しんち
不動産プロ専用サイトは素人では見ることができないようです

不動産のプロ専用の土地検索サイトで売れなかった土地が、我々素人でも検索できるようなサイトにのります。

ハウスメーカーは不動産のプロ専用の土地検索サイトを見ることができるため、我々素人よりも良い情報を得られる可能性が高いです。

間取りに合わせた土地を探してもらう事も可能

先に土地を決めてから間取りを作ると、建築制限などに引っかかり希望通りの間取りを作れないこともあります

ハウスメーカーに土地を探してもらうと、希望の間取りを建てる事のできる土地を探してきてくれるので、間取りにこだわりがある場合は良いですね。

ハウスメーカーに土地を紹介してもらうと

土地の紹介

ハウスメーカーに土地を紹介してもらうと土地が決まった後の流れがスムーズになりますので、色々と楽になります。

新築一戸建を建てる際はいろいろな会社が関わってきますので、土地探しをハウスメーカーにお願いすることによって窓口がハウスメーカーの営業に一本化されると楽になりますね。

しんち
書類を揃えたり、書類のチェックなどもやってくれます

注意点としてはやる気を見せること

ハウスメーカーの仕事は基本的に土地探しではなく、家を建てることになりますので、「土地が見つかったらすぐ家を建てる」という姿勢を見せた方が真剣に探してくれるでしょう。

また、法律的にはハウスメーカーAに土地探しをさせて、別のハウスメーカーBで家を建てる事は可能となりますので、ハウスメーカーとしてはせっかく土地を探してきても自分のところで家を建ててくれないのでは労力の無駄になりますね。

しんち
土地探しだけやってもらって他のハウスメーカーに変更するには相当強靭なメンタルが必要となりますが!

ハウスメーカーの視点としては土地探しだけさせられて、家を建ててくれないお客さんは避けたいところですね。

我が家の土地

土地

我が家は土地を別のルートから見つけましたが、ハウスメーカーに不動産屋と我が家の間に入って貰い、新築一戸建の建設を進めております。

イメージとしてはハウスメーカーに探してもらった土地を購入して新築一戸建を建てるのと同じでしょう。

しんち
ちなみに間に入ってもらう手間賃は無料でした

ハウスメーカーに土地探しを依頼するのは限界まで安く新築一戸建を建てる方法ではないかもしれませんが、書類の準備などは楽です。

ある程度新築一戸建のお話が進んだ現在で、名前と住所を書いた書類はの数は30枚は軽く超えていると考えます。

我が家のような素人ではこういった手続きも大変ですので、ハウスメーカーに新築一戸建を依頼するメリットの一つですね。

我が家のケースのように自分で土地を見つけてきて、ハウスメーカーに間に入ってもらう事も可能です。

しんち
ハウスメーカーの営業マンが不動産屋と色々やりとりをして話を進めてくれております

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

 

スポンサーリンク
タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
おすすめの記事