スポンサーリンク

新築一戸建の購入を決意し、土地を探していると「建築条件付き」というキーワードに出会う事があるかと思いますが、建築条件付きの土地とはどのようなものでしょうか?

しんち
いい感じの土地を見つけてもこれのせいで断念せざるを得ない時も!

建築条件付きの土地を中心に書いていきたい思います。

建築条件付きの土地とは

街並み

建築条件付きの土地とはどのような土地かというと、「土地を売る条件として土地の売主が指定する建築業者を使って、一定期間内に家を建ててくださいね。」という条件がついた土地となります。

しんち
好きなハウスメーカーで新築一戸建を建てる事ができないのです

建築条件付きの土地価格は割安

売地

建築条件付きの土地は「土地+建物で利益が出れば良い」というケースが多い為、土地の売主と建築業者の関係に注目すると良いと考えます。

土地と建物を別々に用意する場合は土地の売主の利益と、建物を建てる建築会社の利益のを払うことになりますが、売主と建築業者がグループ企業や同じハウスメーカーであるなら土地の価格は割安な可能性が高いと、考えます。

土地を安く売るかわりに建物の価格にに土地を値引きした分の費用を乗せるケースも考えられますので、建築条件付きの土地を購入する場合は色々調べた方が良いですね。

建築条件付きは必ずしも安いとは限らない

レアケースかもしれませんが、我が家で土地探しをしていた際、立地は凄くよかったのですが、条件が合わずに購入を見送った土地がありました。

しんち
我が家は土地のわがままが多かったので!

後日たまたま土地を見たら大手ハウスメーカーが元の値段よりも高く、建築条件付きの土地として売り出していたケースもあります。

しんち
売れそうな土地はハウスメーカーが購入して高く売るケースもあるようです

建築条件付きの良い所

メリット

建築条件付きの土地の良い所は、土地の価格が割安なケースが多く、建売と比べて間取り、内装や外観の自由度が高い所となります。

建築条件付きの注意点

デメリット

建築条件付きの土地の注意点としては3点あります。

建築業者の技術レベルがわからない

大手ハウスメーカーの建築条件付きの土地ならあまり問題はないと考えますが、選んだ土地の指定された建築業者が小さい会社の場合、モデルルームもないケースが多く、技術力が高いかどうか不明ですね。

工務店も大手の下請けをしているケースも多いので技術力が極端に低い建築業者はあまりいないと考えますが、可能性としては0%ではないのでご注意ください。

完全に自由ではない

建築条件付きの土地は建売住宅よりも自由度の高い新築一戸建を建てることはできますが、完全に自由とはいかないようです。

注文住宅の自由設計と比べると、自由度は下がるのでガレージが欲しい・地下室を作りたいなど特殊な事をしたい場合は対応できない事もあるようですので、ご注意ください。

しんち
新築一戸建で特殊な事をやりたい場合は土地探しをハウスメーカーなどに手伝ってもらって進めた方がよいと考えます

一定の期間内に建築請負契約が結べない

建築条件付きの土地の条件は「土地を売る条件として土地の売主が指定する建築業者を使って、一定期間内に家を建ててくださいね。」ということで、一定期間内に建築業者と契約できないケースが考えられますね。

期間内に契約まで至らない場合にトラブルになる可能性がありますので、ご注意ください。

建築条件付きは解除できる事もある

解除

建築条件付きの土地の「条件」の部分を解除できるケースもあり、交渉して土地の価格に金額を上乗せして支払う事で条件を外してくれる場合もあるようです。

しんち
いくら払っても無理な場合もあるようですが

景観に拘った住宅地などの場合は建築条件を外してしまうと景観が乱れるので、建築条件を外してくれないケースに該当すると考えます。

ハウスメーカーも土地探しを手伝ってくれる

全てのハウスメーカーが手伝ってくれるかどうかまではわかりませんが、我が家が新築一戸建の建設を依頼する桧家住宅は土地探しを手伝ってくれました。

他のハウスメーカーもホームページに土地探しを手伝ってくれるとホームページに書いてある会社が多いので、どうしても建築条件付きの土地を欲しい場合以外はハウスメーカーに土地の希望を教えて探してもらった方が良いと考えます。

土地も建築業者も決まっていない段階でしたら、ネットを使って無料で土地探し、間取りプラン、資金計画を手伝ってくれ、カタログ等も貰える「タウンライフ 間取り」というサービスもありますので、使ってみると良いかもしれませんね。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
おすすめの記事