空間
スポンサーリンク

快適な新築一戸建をつくるには居心地の良いスペースというものがどれほどの広さが必要であるかを知る事が大事です。

しんち
人が快適に過ごすためには意外とスペースを必要とします。

折角新築で一戸建を建てるのであれば間取りを考える際にスペースについても考慮した方が良いと考えます。

人が動くために必要な空スペース

間取りや家具の配置を考える際、家具をテトリスのように室内に敷き詰めれば良いというものではありませんよね。

しんち
家具の間を通れないのでは意味がありません

テーブルを置けば周りに椅子が必要になり、椅子を引くためのスペースが必要になりますし、人が座っている時に後ろを通るスペースも欲しいですね。

このように考えると家具を置いた時の空きスペースってどれくらい必要なのか?

人が動作するために必要なスペースについてを考えていきたいと思います。

人が移動するのに必要なスペース

人が快適に行き来できるスペースはどでしょうか。

家具を配置する際や廊下の広さを考える際も人が移動する際に必要となるスペースについては考えた方が快適に過ごせますよね。

人間の幅

 

 

人の幅

自分と妻のまどりちゃんの幅を測ってみました。

しんち
具体的にまどりちゃんの計測結果を出すと怒られそうです!

二人に共通して言えることですが、将来多少体格が成長してもOK(要は太っても)な結果は以下の通り。

しんち
二人とも今の所普通体型デス。
  • 横向き:約30cm
  • 正面向き:約45cm

少し空間をとって必要なスペース

「人間の幅」のギリギリを考慮すればいいのかと言うと、そうではないですよね。

二人の幅を図った結果、最小限の幅ですれ違う為のスペースは横向き2人分の60cmという事になります。

お互いが横向きで壁とお互いが多少触れ合いながらなんとかすれ違えるスペースが60cmとなります。

しんち
ギリギリでは快適とは言えませんね

どちらかが30cm幅以上の荷物を持っている場合もあります。

我が家ケースで廊下ですれ違う事を考えるならワタクシはすれ違いたいだけでもまどりちゃんは洗濯カゴを持っている可能性があります。

その時ギリギリの60cmだと足りませんね。

我が家にあった洗濯カゴを測ったら幅40cmで、まどりちゃんの正面幅よりは狭かったですが、お互い触れ合わずに考慮するとギリギリすれ違える幅+15cm位は欲しい所ですね。

しんち
腕が肩幅よりちょっとはみ出すかもしれません

正面ですれ違う空間

  • 二人が横向きにすれ違う場合:75cm
  • 一人が正面を向いて、一人が横を向いて通る場合:90cm
  • 正面を向いて二人の人間がすれ違う場合:105cm

人が通る事を考慮し、家具の周りにもスペースをあける必要がありますね。

家具周りですれ違う事までは考慮しなくてもいいと思いますが。

廊下の適正幅

120cm幅の廊下を取ることが出来れば文句はないでしょうが、土地の都合や建築費の都合上難しい場合が多いですね。

我が家も建てる家が豪邸ではない為、難しいです。

1日のうちすれ違う確率はそこまで高くないのであれば、二人が横を向き、15cmの余裕があれば良いのではないかと考えます。

正面と横ですれ違う空間

従って (横向き30cm)+(横向き30cm)+(余裕を持たせる15cm)=75cmは欲しいことになります。

しんち
我が家の廊下は78cmとなりました

座るのに必要なスペース

座る時の幅

テーブルの周りの椅子に必要なスペースはどうでしょうか?

更に人がテーブルに座った状態で後ろを通るのに必要なスペースは?

椅子を引いて普通に座る為のスペースは自分の感覚で測った感じですと、奥行き45cmの椅子でテーブルの端から約65cmでした。

そして座った後に椅子をテーブルに対して椅子を詰めますね。その時を測ったら約45cmでした。

特にLDK快適さは新築一戸建の満足度に大きく影響すると考えますので、重視した方が良いでしょう。

人が後ろを通らない事を想定したスペース

座った時の後ろの空間

人が座っている後ろを通らない前提であるならば、テーブルから壁際まで65cm+(5cmは壁に椅子をぶつけないため)=70cmあれば不自由なく座る事ができるでしょう。

人が後ろを通る事を想定したスペース

座った時人が通るための空間

人が座っている後ろを人が快適に通る事を考慮すると人の正面幅45cm+15cm快適空間が欲しいですね。

このように考えるとテーブル周りは45cm(座った状態の人のスペース)+60cm(後ろを歩く人のスペース)=105cm欲しい事になります。

しんち
意外とテーブル周りはスペースが必要になりますな

本棚の正面に必要なスペース

本棚の前の空間

本棚の前でじっくり本を選ぶのに必要なスペースどのくらいでしょうか?

これは今までの流れだと横向き30cm+15cmあればいいと思いますよね?

しんち
だけどそうではないでしょう

本棚の下の方を見たい場合しゃがむ事もあるでしょう。

では、人はしゃがむとどれくらいのスペースが必要だろうか?

しんち
自分を測ってみたら55cmでした

55cm+余裕を15cmを持たせる=70cmで、本棚の前は70cm程度の空きスペースがある良いという結論になりました。

食器棚や冷蔵庫の正面に必要なスペース

食器棚の前の空間

扉のある食器棚の前で必要なスペースはどのくらいでしょうか?

食器棚も本棚とにたような物ですが、食器棚には扉がありますので、本棚前に必要なスペース70cm+扉が開くのに必要なスペースとなります。

食器棚が冷蔵庫が片開きであるのならと両開きであるのならによって変わってくると思いますので家具次第となります。

しんち
要は扉の幅+70cm必要となります

スペースのイメージしましょう

この記事で挙げた事は快適に過ごす為のスペースとなります。

スペースの事を把握して不便さを妥協するのと、何も考えずに間取りや家具を配置して失敗するのでは大きく違いますね。

スペースをイメージする事も幸せな新築ライフに影響するので書かせて頂きました。

タウンライフ 」という要望にあわせて一括で間取りを作ってくれるサービスがありますので、必要スペースを考えるのにいいかもしれませんね!

こういったことも間取りプランでは考慮した方がいいのではないでしょうか?って事でした。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
おすすめの記事