注文住宅の総額
スポンサーリンク

注文住宅を建てる際は住宅ローンを組む事が多いと考えますが、住宅ローンの総額がいくらなのか気になりますが、総額がなかなか見えてきませんでした。

しんち
見えてこないとオプションをどれくらいつけていいかわかりませんので不安ですね…。

注文住宅の総額は算出が難しい

計算機と家の模型

ワタクシが注文住宅の新築を検討する際、一番気になっていたのになかなか明確にならなかったのが建築費用の「総額」です。

総額がなかなか出てこないのは注文住宅はお店に売っている電化製品とは違い、購入する人にあわせるオーダーメイド商品だからです。

ハウスメーカーや工務店の営業でも客側が決定しないと総額を算出できない不確定要素が多いので具体的な注文住宅にかかる総額はおそらく答えられません。

しんち
テキトーに答えて後で総額が上がってしまうとトラブルの元ですね

注文住宅のお話が進んでいくと不確定要素が減っていくので具体的な総額がだんだん見えてきます。

我が家は契約済みですが、不明な部分は仮の費用としている状態で今だに正確な総額は確定しておりませんが、総額が大分見えてきました。

参考までに我が家での価格も書いていきます。

各社、名称や内訳がバラバラ

数社回りましたがが各社で建物代と土地代以外の諸経費の名称や内訳がバラバラでした。

総額が見えにくい要素として、選ぶ会社によって変わる費用で総額も変わってきます。

建てる家で変わる総額

注文住宅を建てる際、建物の大きさや間取り、入れる設備のグレードによって建物本体の建築費用で総額も変わってきます。

桧家住宅さんの自由設計でワガママを言いまくって1,700万円強となってしまいましたが、桧家住宅の同じような広さの企画住宅と大差ありませんでした。

オプションで変わる総額

オプションで追加する設備によってかかる費用で総額も変わってきます。

我が家は心が弱いので260万円強となりましたが、営業には100万円見ておけば十分と最初言われました…。

しんち
ワガママが言ってしまいました!

外構で変わる総額

外構費でも総額が外構をどのようにするかによって変わってきます。

我が家では外構はお話を進めてる最中で外構の総額は未定ですが、250万円以内で計画しております。

しんち
外構でも予算オーバーの予感がしております…

因みに外構は間取と並行して進める事をおすすめいたします。

割引で変わる総額

値引きでも総額が変わってきますが値引きしてくれる会社としてくれない会社もありますね。

値引きしてくれる場合、注文住宅の建築時期や営業担当の状況によって総額も変わります。

あなたの話術次第でも変わるかもしれません。

我が家ではちょっとは引いてくれるのではと期待しております。

選ぶ土地で変わる総額

選ぶ土地によって土地代もそうですが、不動産屋の扱い、地盤の費用、都市計画による費用、更地かどうか、水道関連など、付随してかかる費用で総額も変わってきます。

我が家が選んだ土地の土地代は約1300万円でした。

不動産屋の扱いで変わる総額

不動産屋の所有する土地を買う場合にはかかりませんが不動産屋が仲介する土地を買う場合には仲介手数料で総額も変わってきます。

我が家が選んだ土地は不動産所有の分譲地となるので0円でした。

地盤で変わる総額

家を建てる工事をする際、地盤が弱いと地盤改良工事費用で総額も変わってきます。

必要な場合、費用も地域によって違うそうですが、我が家では地盤調査まで進んでいないのでまだ不明ですが、地盤改良工事が必要な場合は約100万円かかるそうです。

しんち
地盤改良工事が必要ない事を祈っております

都市計画で変わる総額

選ぶ土地によっては準防火地域となっている場合があります、該当すると耐火建築物としなければならないので、対応する費用で総額も変わってきます。

我が家では運良く0円でした。

解体によって変わる総額

建物が建っている土地を購入する場合、解体工事費用で総額も変わってきます。

我が家は建物の建っていない分譲地を買うので解体費用は0円ですね。

土地の広さで変わる総額

下水道負担金水道加入金は土地の広さによって総額が変わってきます。

長野県S市だと82㎡で30万円弱でした。

入る保険で変わる総額

選ぶ保険会社によって費用も違いますし、注文住宅の価格や補償内容によっても違いますので人それぞれ保険料で総額も異なってきます。

我が家では火災保険10年と地震保険5年で30万円、何かあったら建築費の8割下りるそうです。

住宅ローンで変わる総額

選ぶ住宅ローン商品によって手数料が違い、借りる金額によって払う利子も違いますし、利率も違いますので住宅ローンの選び方で総額も変わります。

更に住宅ローンによってかかる費用は注文住宅が建った時に判明するので最後まで不確定です。

しんち
変動金利だと社会情勢でも総額が変わるでしょう

我が家はフラット35を利用し、手数料18万円弱、利率は2019年10月頃の利率となりますので現在は不明です。

従って利子も不明ですね。

参考として2018年11月に家が建ったと仮定すると、利率1.41%で利子1,150万円となります。

しんち
我が家では仮で1150万円で計算しており、上がらない事を祈っております

地域で変わる総額

寒い地域だと住宅を寒冷地仕様にしなければなりませんが、寒冷仕様にするためにかかる費用は一軒家を建設する地域次第となりますね。

しんち
これはどこの地域に建てるかによって必要か不要かわかります

我が家は寒冷地なので120万円強となりました。

手続きや手数料等で変わる総額

注文住宅を建てる際、印紙代、融資保証料、書類作成、登記費用などの費用もあります。

我が家では大体80万円位でした。

総額はお話が進まないとわからない

計算機と家の模型

これだけ不確定要素が多いと、総額は具体的にお話を進めないとわからないですよね。

今回の記事で赤文字で書いた部分の数字を具体的にしていけば総額が見えてきますが、残念ながら契約後でも見えてこない部分もあります。

しんち
契約してもなんかモヤモヤします…

見えない数字を意識して注文住宅の事を決断していくと多少は総額のイメージがわきますでしょうか。

ネットを使って無料で色々な会社に同じ条件で間取りプランや資金計画を作って貰える「タウンライフ 間取り」などを使ってみるともう少し見えてくるかもしれませんね。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
おすすめの記事