スポンサーリンク

長野県S市の住宅地を歩いていると玄関や門柱に表札を出していない家が結構あり、我が家も新築一戸建に表札が必要かどうかを考えてみました。

田舎の新築一戸建に表札はつけるべきかどうかメリットとデメリットを考える

我が家が現在住んでいる賃貸アパートは表札を出していません。

建物内に住んでいる人も表札も出しておらず、ポストには部屋番号のみで名前を書いている人はおりません。

また、我が家が新築一戸建を建てる住宅地を歩いてみると結構な割合で表札をだしていない家があり、表札を出すメリットと出さないデメリットについて考えてみました。

しんち
都会のマンションなどは防犯のために表札を出さない方が良いと聞きますしね

田舎の状況

田舎

我が家が住む長野県S市の環境は以下の通りです。

長野県S市の住宅環境

我が家が新築一戸建を建てる長野県S市の環境としては、新しい分譲地の区画内に20件新しい家が建ち、町内の周りの家も築20年以内くらいと思われる、比較的新しい家ばかりです。

更に町内には賃貸アパートも数多くありますので、近所づきあいもあまりないのではないかと考えております。

近所づきあいがあったとしても表札を出さないデメリットはあまりないように思えます。

長野県S市の犯罪

長野県S市の犯罪状況としては、振り込め詐欺や2018年で問題となっているアポ電などの犯罪に注意する放送ををよく聞くので、こういった犯罪もあるようです。

しんち
犯罪者にとってちょっとでも面倒な人になれば防犯効果もあるのではないでしょうか?

想像もつかないような犯罪に巻き込まれないよう、なるべく個人情報は外に出さない方がよいのではないかと考えました。

一戸建の表札の必要性

田舎

表札がないとどのような不都合があるのかを考えてみました。

来客への配慮

我が家は来客が多いわけではなく、お客様が我が家へ来られなくなるということはあまりなさそうですので、来客のための表札あまり必要ない状況です。

初めての来客が多いような環境では、表札があったほうがお客様が訪問しやすいと言えるでしょう。

郵便物や宅急便への配慮

郵便局や宅急便の人が名前を出していない困る可能性はあると考えますが、一回覚えてもらえば頻繁に担当が変わるわけではないので、そこまで不都合はないように考えます。

田舎は古い考えの人も

田舎は表札を出さない人は非常識と考える人もいるようですので、表札を出さないことでそういった人とのトラブルになる可能性もありますね。

しんち
ネットを軽く検索しだけでも、こう行った考えの方は結構いるようです

表札がないメリット

訪問販売

表札を出さないことによるメリットを考えてみました。

訪問販売員や宗教などに名前を知られない

表札がなければ、訪問販売員や宗教などに少なくとも名前を伏せることができます。

住所は家の場所からバレてしまいますので、隠せませんが名前を隠すと余計なトラブルに巻き込まれる確率は減るでしょう。

長野県S市の賃貸アパートでも訪問販売や宗教の勧誘が来たことがありますので、こういったものは田舎でもあるようです。

表札と犯罪

表札を出すことによって犯罪に巻き込まれることは現在のところあまり想像できませんが、今後表札があるだけで我々が想像もつかないような詐欺などに巻き込まれる可能性もゼロではありませんね。

2018年現在は振り込め詐欺からアポ電という振り込め詐欺が進化したような犯罪が問題になっておりますので、将来表札からターゲットを絞るような犯罪も登場するかもしれません。

表札を出すのであれば

マンションの表札

我が家は色々と考えた結果、表札を出すことにはしましたが、フルネームの表札を出すのか、苗字だけの表札にするか、英語表記の表札にするのか、住所のみ記載するかなど、いろいろありますのでどのようなタイプが良いのかを考えてみました。

フルネームの表札

家族全員のフルネームを記載した表札を出すとどうなるかを考えると、調べればわかる住所に加え、家族構成とフルネームが常にさらされている状態になりますので表札を出したことによるデメリットが一番大きいと言えるでしょう。

苗字だけの表札

苗字だけ記載した表札を出すと考えると、フルネームの表札よりはデメリットを防ぐことができると考えます。

しんち
我が家は苗字だけの表札を出すことにしました

訪問販売などに正確な名前を知られるわけではないので、多少は安心感もあり、表札を出さない事を非常識と考えている人とのトラブルも避けられそうです。

英語表記の表札

英語表記の表札になると、漢字の書き方まで隠す事ができるので、表札のメリットとデメリットだけを考えるのであれば一番良いと考えまます。

しんち
我が家は漢字の方がデザイン的に良いと考えましたので漢字の苗字のみとしました

住所のみ記載

住所のみ記載するのはどうかというと、元々建物の位置がわかれば住所を調べることはできると考えますので、表札を出さないのであれば、郵便局や宅急便の配達員への配慮として住所のみ記載することが良いのではないかと考えます。

表札のメリットデメリット

メリットとデメリット

新築一戸建の表札のことを色々考え、防犯上つけない方がよいのか、近所づきあいや郵便局や宅急便の配達員のために表札をつけた方がよいのか、賛否両論あると考えます。

我が家が考えた表札のメリットとデメリットが少しでも参考になりましたら幸いです。

2019年8月現在はまだ完成しておりませんが、我が家の外構プランはこのような感じになっております。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
おすすめの記事