スポンサーリンク

リバースモーゲージは住宅ローンの返済が終わり、家はあるが生活費が足りないケースや一時的にお金が必要なケースに役に立つ制度となります。

ワタクシはリバースモーゲージで利用する事を考える前にまずは副業について考えた方が良いと考えます。

しんち
リバースモーゲージは割と最終手段的なものですね

リバースモーゲージを利用するしないは別として知っておくだけでも住宅ローンを組んで新築一軒家を建てる際の安心の材料にはなりそうですね。

リバースモーゲージと似たような制度で、自宅を売って同じ家に住み続けられる「住みながら自宅を売却できる!」リースバックという制度もありますので知っておくと住宅ローンを組む際の安心材料になるでしょう。

2019年現在は昔と違ってお金を用意する手段が色々あって昔よりも住宅ローンは組みやすくはなった気がしております。

しんち
金利も低いですしね

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは住宅ローン返済が終わった人が所有する住宅を担保にお金を借りる為の制度となります。

リバースモーゲージと通常の借金の違いは返済方法にあり、「家やマンションを所有している高齢者が、その家を担保に老後の資金を借りられる貸付制度」となります。

リバースモーゲージで資金は一括で借りる事も可能ですし、毎月年金のような形で借りる事も可能となります。

リバースモーゲージで借りたお金はいつ返済するのかというと、「お金を借りた高齢者」が死亡した時に「お金を借りた高齢者」の所有する家を銀行が貰うことによって返済完了となります。

しんち
仕事を引退してお金が必要になったらいいかも

住宅ローンが終わって、お金に困ったら住んでる家を貸して家賃収入が出るような小さい部屋に引っ越すのも手ですね。

リバースモーゲージ借りられるお金

リバースモーゲージを受ける為の最低限の条件としては「住宅ローンの返済が終わった住宅を所有している」事となります。

リバースモーゲージは自宅を担保にできるからといってどのような物件でも担保にできるわけではありません。

リバースモーゲージは物件の時価で評価し、不動産評価額の相場は1,000万円程度が最低限必要だそうです。

物件の評価方法は近隣の物件や同タイプの物件などを比較しながら値段が決定します。

従って家が売れないような時期はリバースモーゲージの評価額も下がる傾向にあるので時期も大事です。

一軒家でリバースモーゲージ

一軒家の場合は概ね評価額に対して、7割くらいの金額が貸してもらえる金額の相場となり、「一軒家の評価額=融資額」とはならないので注意しましょう。

マンションでリバースモーゲージ

マンションの場合は評価額に対して5割くらいの金額が貸してもらえる金額の相場となるようです。

マンションを担保として考える場合、通常の借金の方が負担が少ない場合もあるので、他の方法と併せて検討した方が良いでしょう。

リバースモーゲージのメリット

リバースモーゲージには魅力的なメリットはありますね。

  • 毎月の返済は無しでお金が借りられる
  • 自宅から離れる事なく、住み続けられる
  • 高齢者でもお金を借りる事ができる

リバースモーゲージのデメリット

リバースモーゲージにもデメリットもあるので覚えておきましょう。

  • 自宅を担保にお金を借りるので、遺産として自宅を残すことができない
  • 金利が上昇した場合、受け取り総額が減る

リバースモーゲージのリスク

リバースモーゲジのリスクは認識しておかないと後々のライフプランが狂いかねないので覚えておきましょう。

  • 持ち家の担保評価が下がると追加担保が必要になる
  • 想定よりも長生きし、受け取り総額が評価額に達してしまうと、評価額以上にお金を借りることができない。

リバースモーゲージが向いているケース

家を担保に借金

リバースモーゲージを活かせるようなケースとやめておいた方がいいケースはどのようなケースでしょうか?

リバースモーゲージを活かせるような人

どのような人がリバースモーゲージを活かせるのかを考えると、どのような人だろうか?

ワタクシが想像するに遺産を残す必要がなく、働く事ができないような方でしょうか。

我が家で想像すると子供の予定がないので、無事住宅ローンの返済が終わり引退後に資金がショートした時でしょうか。

しんち
あまり考えたくはないですが!

リバースモーゲージは選択肢の一つ

働く事ができなくなった場合で、お金が必要になったらリバースモーゲージも選択肢の一つではありますね。

リバースモーゲージは選択肢の一つではあるがデメリットがない完璧にお得な制度ではありません。

従って働けるうちは働いて、働けなくなってからリバースモーゲージのような制度もあるので検討しみるのはアリではないでしょうか。

リバースモーゲージは住宅ローンを組んでいて、働きながら返済中の人には向かない制度でしたね。

住宅ローン返済の安心材料としてアリかと考え、調べてみました。

我が家でリバースモーゲージを利用する可能性

老後

我が家の場合、リバースモーゲージを利用する可能性がある場合はおそらく、住宅ローン返済がギリギリで老後の貯金があまりできなかった場合に利用する可能性はあります。

しんち
40歳で35年の住宅ローンを開始しますので、終わる頃には75歳になっております

我が家のケースだと75歳から年金とあわせてお金を借りる事ができれば貯金が少なくてもなとかなるかもしれませんね。

しんち
一応ファミリー対応の家にしているつもりです

ワタクシは自営業ですので、定年はないので75歳でも働いている可能性もありますが、そんな事はあまり考えたくないです。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事