Roomle3D&ARのトップ画像
スポンサーリンク

自由設計で新築一戸建を建てる際、間取り作りが一番悩むところと考えますが、最近はスマホやタブレットで間取りのシミュレーションができます。

スマホで使える間取りアプリの一つ「Roomle3D&AR」を初めて使うワタクシが操作を覚えながら我が家の1階を再現してしていきます。

初心者が「Roomle3D&AR」の操作を覚えながら我が家の1階を作ってみる

スマホを使った間取りシミュレーションアプリは自由設計で家を作るためには大変便利ですが、アプリが色々あって使い勝手がわかりにくいので、この記事がヒントになれば幸いです。

しんち
自分で間取りが作れると楽しいです!

Roomle3D&ARの仕様

Roomle3d&ARのロゴ

Roomle3D&ARはiPhoneとAndroid両方で対応しておりますが、我が家はiPhone派でAndroidを利用できる環境がないので、iPhoneを使っての使い方と感想を書いていきます。

しんち
まずはRoomle3D&ARをダウンロードしてインストールしましょう
App Store
Google Play
対応OS iPhone & Android
間取りデータの保存 無課金なら1プラン  課金すると25プラン
間取りの出力 スクリーンショット
課金制限 アリ

Roomle3D&ARは無課金だと1プランのみしかデータが保存できませんが、無課金でも大体の機能が使えます。

しんち
無課金だと配置できる建具や設備が少ないですが

Roomle3D&ARで課金

Roomle3D&ARは3ヶ月と1年の課金プランがあり、課金すると全ての機能が解放されます。

3ヶ月 1年
金額 ¥780 ¥2,300

金額もリーズナブルですので、自由設計で新築一戸建を考えていて、アプリが気に入れば3ヶ月くらい課金してみるのもアリと考えます。

しんち
3ヶ月もあれば間取りは多くのケースで固まるでしょう

Roomle3D&ARの使い方

アプリの使い方

ワタクシはスマホは基本的に電話をメインに使用しており、外出時にはメールやLINEを利用しますが、家に居る時ははメールもLINEもパソコンから利用しております。

スマホでの文字入力は壊滅的に遅く、普段スマホアプリなども使用しておりませんので、スマホの操作に関してはあまりレベルが高くありません。

我が家の1Fの間取り

一階の間取り-190202

我が家の1階の間取りは図面のような形となっており、Roomle3D&ARを使って初心者のワタクシが使い方を覚えながら再現していきたいと思います。

※この記事ではRoomle3D&ARを使って、お手軽に間取りシミュレーションできるかどうかを重視しておりますので正確に再現するコトやリアルに再現するコトはあまり重視しておりません。

しんち
3D機能などはあまり考えない方向で!

Roomle3D&ARで間取り作り

1.壁などのセッティング

最初は画面上部に並んでいるツールの中から一番右にある歯車のようなアイコンを選び、壁の厚さ、天井の高さ、などのセッティングを行いましょう。

しんち
間取り考えて細かいコトはプロに任すのであればここはいじらなくてもOKです
2.壁の形を作ります

壁を作る

画面を指で長押しすると壁を作る方向を示すマーカーが出るので、方向を決めたら壁を作りたい方向に向かってスワイプすると壁ができますので、最初は壁の形を作っていきます。

壁の横の寸法の数字を押すと数値入力もできますので、必要に応じて入力していきましょう。

一旦確定した壁は何もしないと他の壁の都合でサイズが変わったり、動いたりするので位置の確定した壁を選択し、「i」のマークからロックして動かせないように固定すると壁が作りやすくなります。

2.建具と家具を配置しよう

間取りが完成

間取りの形ができあがったら建具や設備を配置していきましょう。

Roomle3D&ARはドアや窓などの建具の位置がわかりにくく、右側の家具をを選ぶアイコンから家具の画面へ飛び、左下の「三」のような記号を選んで、「構造」を選ぶとドアや窓などがでてきます。

しんち
ドアなどを見つけるのに20分くらいかかってしまいました!

建具や設備などは我が家の1Fの間取りと近いモノが課金してないせいかあまりありませんでしたので、間取り図上では似ておりますが、3Dにすると異なるモノになってしまいました。

建具と設備を配置し終わったら間取りの完成です。

Roomle3D&AR

アプリの評価

初めてRoomle3D&ARを利用し、見落としている機能などもあると考えますが、初心者のワタクシが使ってみた感想となります。

初心者が自由設計の間取りをシミュレーションする為のツールとしての評価です

Roomle3D&ARの良いところ

ワタクシが使ってみてRoomle3D&ARのよかったところです。

  • 説明書なしでも直感的に操作できる
  • 今まで使った間取りアプリの中でダントツにシンプル
  • 間取りが作りやすい
  • 課金の金額が安い
  • 日本語化されている

Roomle3D&ARの残念なところ

ワタクシが使ってみてRoomle3D&ARの残念だったところです。

  • 家具の回転のさせ方がわからない
  • 家具のサイズが変更できない
  • 家具のアイコンの位置が悪いため、よくミスで当たってしまう
  • 建具の設置方法がわかりにくい
  • 家具の名前が日本語化されていない

Roomle3D&ARは結構使いやすい

Roomle3D&ARは初めて使ったワタクシでもカンタンに操作でき、今まで使った間取りシミュレーションアプリの中でも一番シンプルで間取りの形が作りやすかったです。

しんち
Roomle3D&ARの感想は4つ目の間取りシミュレーションアプリですので、慣れてきたのもあるかもしれません

自由設計で間取りのシミュレーションを無課金でするのであれば、Roomle3D&ARはワタクシとしてはかなり優秀のアプリではないかと感じました。

建具の設置方法を発見するまで時間はかかりましたが、建具の設置方法さえわかってしまえばスムーズに間取り作りができると考えます。

この記事では新築一戸建の間取り作りのヒントになればと考えておりますので、3D機能に関してはあまり重要視しておりませんので、ご了承ください。

Roomle3D&ARは3D機能もついる上に現状のスマホのカメラ機能を通した部屋の景色にRoomle3D&AR内の家具を配置して家具を購入する前に色や形をイメージできる機能もあります。

しんち
ワタクシ的には高機能且つ使いやすい間取りシミュレーションアプリではないかと考えます

新築一戸建が完成し、入居する際に家具を購入する方も多いと考えますが、購入する家具のシミュレーションまでできます。

以上、Roomle3D&ARをワタクシなりに使ってみた感想でした。

新築一戸建を検討中であればPlanner 5Dなどで作った間取りを、ネットを使って無料でプロに間取りや資金計画などを提案して貰える「タウンライフ」などに送ると素敵な提案が貰える可能性が高くなると考えます。
我が家は間取りアプリに気づいたのが、新築一戸建のお話が大分進んでからでしたため、「タウンライフ」へ間取りまで送る事はできませんでしたがこのような方法も良い家作りの第一歩と考えます。

しんち
送るとどうなるかも気になります

因みにですが、WindowsでもMacでも使えるバソコン用の間取りシミュレーションサイトやソフトもあります。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
おすすめの記事