スポンサーリンク

マンションは管理費の中から修繕費の積み立てが行われますので、あまり考えなくても良いかもしれませんが、一戸建の修繕費は自分で出さないといけないので、積み立てておく必要があります。

しんち
一括払いできる方はあまり考えなくても平気ですが、我が家は残念ながらできないので計画的に積み立てます

一戸建の修繕費はどれくらいのスパンで行って、どれくらいの金額を見込めば良いのかを考えてみます。

新築一戸建を建ててから何年住むのかは人それぞれですが、かなり長めに住むと考えて60年としましょう。

修繕が必要な箇所

家の修繕

新築一戸建も建てた当初はピカピカの新品ですが、時間が経つにつれて劣化していきますので、修繕が必要になってくる可能性が高い箇所を考えていきましょう。

修繕箇所も、住み方、人数などによって必要になるケースと不要なケースもあるでしょうし、修繕費はあくまでも目安となります。

しんち
一戸建の状態は人それぞれですので、あくまで参考となります。

屋根の修繕

一戸建の屋根の修繕は大体10年〜15年に1回発生すると考え、15年に1回修繕するとするならば60年間で少なくとも4回は修繕が発生しますね。

小規模の屋根の修繕であるならば、1回につき30万円程度となり、大規模になると1回につき150万円程度になってきます。

最初の1回目は小規模の修繕となる可能性が高いですが、2回目は大規模な修繕となる可能性が高いですね。

しんち
1回目は小規模、2回目は大規模、3回目は小規模、4回目は大規模と考えましょう

外壁の修繕

外壁の修繕は10年に1回程度必要になる可能性が高いので、60年間住むならば6回の外壁修繕が必要となります。

外壁の修繕は1回につき100万円程度かかる可能性が高いです。

床の修繕

床の修繕は毎回全面張替えが必要となるわけではありませんが、10年毎にチェックし、必要な箇所を修繕するべきでしょう。

しんち
床は踏まれる箇所によって劣化具合が変わってきますし、キッチンなどの水回り部分は早く劣化するなど住み方次第でかわってきますね

10年毎に30万円も想定すれば良いでしょう。

その他設備の修繕

その他設備の修繕としては少なくとも20年に1回程度、風呂、トイレ、洗面台、キッチンなどのリフォームが必要になるでしょう。

リフォーム費用の目安としては風呂100万円、トイレ30万円、洗面台20万円、キッチン100万円程度となります。

しんち
結構お高いリフォーム費用が60年住むならば3回発生しますね

月額に換算すると

修繕費のグラフ

多くのサイトでは月額1万円積み立てると良いと書いてありますが、60年間毎月1万円積み立てるのであれば、「月額1万円×12ヶ月×60年=720万円」となります。

しんち
将来、科学技術が進化して修繕やリフォームにかかる費用は下がる可能性が高いと考えれば、720万円程度を想定するのもアリだと考えます

ワタクシが勉強しました感じですと、月額1万円の積み立てだと足りない可能性が高いことになりました。

住宅ローン返済が終わる35年目以降は修繕積み立ては楽になるでしょうが、住宅ローン返済中は結構な負担になりますね。

60年後以降住める家ならば

現状の技術のままいくと、ワタクシの見解としましては、お子様などに遺産として残すのであれば、60年目以降も住める状態する為にガッツリと修繕とリフォームする必要があり、約1800万円が新築一戸建から60年目までにかかる修繕費となります。

積み立てる必要がある費用を月額に換算すると「1800万円÷60年÷12ヶ月=月額2.5万円」となります。

60年後以降は寿命を迎えているならば

平均寿命から考えると、30歳以降に新築一戸建を建てた場合、多くのケースでは60年以内に寿命を迎える可能性が高いので、60年目の修繕費を無視するのであれば、約1370万円程度修繕費が必要となります。

積み立てる必要がある費用を月額に換算すると「1370万円÷60年÷12ヶ月=月額1.9万円」となります。

我が家では

家の修繕

我が家では夫婦二人で家を残す子供もいませんので、60年目のリフォームは考えず、毎月2万円程度の積み立てる事にしました。

しんち
少し多めの積み立てになるかもしれませんが、余ったら繰上げ返済にでもまわすことにします

新築一戸建の資金計画は色々勉強してから考えた方が良いですね。

ネットを使って無料で色々な会社に間取りプラン、資金計画、土地探しを手伝ってもらってカタログを貰える「タウンライフ 間取り」といったサービスもありますので、是非ご活用ください。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事