家具を配置した間取り図
スポンサーリンク

新築一戸建を建てる際、間取り図のOKを出す前に家具の配置をシミュレーションしてみました。

しんち
間取りのコピーに家具を書き込む形でもOKと考えます

我が家はデザイナー御用達のイラストレーターでシミュレーションしております。

新築一戸建を建てた先輩方の失敗談も参考にして、配置すると新築一戸建の後悔はかなり減るのではないでしょうか。

現在の家にはどのような家具があるか確認

家具

新築一戸建で間取りを決める際、ハウスメーカーや工務店はあなたがお持ちの家具を把握していませんね。

家にどのような家具があるか確認

従って、間取りの話はあなたがお持ちの家具の事を考えられずに進みます。

家具の事を考えずに間取り図のOKを出していいのだろうかと、考えたので家具の配置をシミュレーションしていきたいと思います。

新しい家に家具が入らない事や合わない事を避ける為に現状の間取り図(5枚目)にデザイナー御用達のイラストレーターというパソコンソフトで家具を配置してシミュレーションしていきたいと思います。

我が家ではイラストレーターがあるのでイラストレーターを使用しておりますが、間取り図をコピーして手書きで書き込む等でも良いと思います。

しんち
手書きでもパソコン上でも縮尺を間違えないようご注意ください

家具のサイズを測ってみよう

新築一戸建が完成してた際、持ち込む予定の家具のサイズを測ってみましょう。

しんち家にある家具とサイズ

現在家の中にある家具のサイズを計ってみます。

  • 仕事用の机 しんち用(160cm×70cm)
  • 仕事用の机 まどりちゃん用(150cm×100cm)
  • 49インチのテレビとラック(130cm×40cm)
  • ソファ(200cm×100cm)
  • 32インチのテレビ(80cm×15cm)
  • ダイニングテーブル(120cm×80cm)
  • 本棚(80cm×30cm)
  • 本棚(150cm×35cm)
  • CDラック(38cm×38cm)
  • 机(120cm×120cm)
  • ベッド(215cm×124cm)

我が家では家具は少なめですネ。購入予定の家具類も決まっていれば寸法を確認しましょう。

家具以外にも椅子の動きなども考えよう

椅子等の動かす家具の範囲も確認するべきで、勉強した結果、テーブルから椅子を引いた時テーブルから75cm程度あればOKだそうです。

しんち
家具をキツキツに詰め込むだけだと多分不便になります

家具以外では開けていないダンボールなども

家具以外では我が家だと移住してきてから開けていないダンボールが大量にありますので、収納も十分か考えましょう。

しんち
収納の事も考えましょう

家具を配置してみましょう

現状の間取りは以前の記事(間取り図5枚目)に載せた通りです。

スキャナーがない為、図面が写メで少し汚いです。申し訳ゴザイマセン。

1Fの家具

家具を配置した間取り図-1階

ダイニングセットは椅子を引いた時も含めて、十分入りそうですし、将来ダイニングセットが大きくなっても十分対応できるスペースがあります。

しんち
まどりちゃんが考えた最高の配置だそうです

配置シミュレーションでウォーターサーバー用にキッチンの左側にコンセントが欲しい点に気がつきました。

あとはテレビの場所付近にコンセント、仕事スペース周りには大量にコンセントが欲しいですネ。

冷蔵庫スペースは後で買い替えて大きくなったとしても入るような間取りとなっております。

 

2Fの家具

家具を配置した間取り図-2階

2階は現在使っているベッドを子供部屋に配置し、余っている机も一緒に置く予定です。

寝室のベッドは新しく引っ越しの際に購入予定となっておりますが、寝室はベッド以外置かないと思いますので、大きめのベッドでも余裕で入ると思われます。

小屋裏の家具

家具を配置した間取り図-3階

ここは佐久に移住してきてから一度もあけていないダンボール類が大量に入る予定デス。

配置予定の家具は今の所ありません。将来は棚などを置く可能性がありますね。

しんち
小屋裏は最終的にはガッツリ拡張しました

買い替えで大きさが変わる家具も考える

買い替えによって大きさが変わる可能性もありますので、買い換えてサイズが大きくなる可能性のある家具は広めにスペースを取る事も考慮しておくと良いと思います。

簡単にイメージできる物ですと、冷蔵庫、ベッド、机・テーブル等でしょうか。

しんち
スペースにあった家具を買う形でも良いですが!

家具を配置して気づいた事をメモ

メモ

家具配置のシミュレーションをやってみて、修正点や気付いた事はありましたでしょうか?

家具配置シミュレーションで気付いた事

我が家では、家具を配置してみて、コンセントが欲しい位置等を発見することができました!

まだ配線関係のお話まで家づくりは進んでおりませんが、打ち合わせの際の要望が明確になりましたね。

しんち
動線や家具周りの通路なども忘れずにイメージしましょう

家具配置シミュレーションのヒント

別の視点で間取り色々な所に一括で考えて頂ける「タウンライフ」というサービスもネット上であるようですので、このようなサービスを利用して別視点で間取りを見て見るのも良いですね。

家が建ってしまった後で変更が難しいような部分が想像できるので、配置してみると良いのではないでしょうか?

きっと新築の失敗が激減する気がしませんか?

家具を間取り図に配置して修正点や変更点を洗い出せるので良いのではないでしょうか?

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
スポンサーリンク
おすすめの記事