スポンサーリンク

ソーラーパネルは我が家の夜型のライフスタイルでは蓄電池とあわせないと利益がでないと判断してやめました。

ソーラーパネル設置だけで利益が出るライフスタイルとは昼間沢山電気を使うライフスタイルとなりますがどのようなものか、書いていきたいと思います。

しんち
蓄電池はまだまだ価格が高いので、普及して値下がりしてこないと利益が出る人は少ないようです。

ソーラーパネルについて考えてみよう

ソーラーパネルを設置した家

長野県S市は晴れの日が全国でトップクラスに多いそうで、ソーラーパネルを設置している家もかなり多く、空き地をソーラーパネルで埋めてるような場所もあったりします。

ソーラーパネルで電気代が下がるのか

我が家では毎月の電気代が15,000円を超えます。

電気代は使えば使うほど高くなる仕組みのようで、ソーラーパネルを設置することにより多少は電気代を節約できないだろうかと考え、ソーラーパネルを検討しました。

ソーラーパネルで電気代が下がる仕組み

ソーラーパネルで電気代を安くする仕組みは電力会社への売電と自家発電により電力会社から買う電気の量を減らすという二通りの方法があります。

しんち
ソーラーパネルを設置すれば基本的に両方対応しております。

ソーラーパネルで売電

ソーラーパネルで発電した電気を電力会社に売ることによって利益が発生し、売った電気で得た利益を毎月の電気代から引くと電気代が安くなるということになります。

しんち
震災後直後は売電価格が高かったのでソーラーパネルを設置して売電すると利益が出しやすかったようです

ソラーパネルで買う電気を減らす

ソーラーパネルで発電した電気を直接家で使用し、電力会社から買う電気を減らすことによって電気代を減らすことができます。

ソーラーパネルの初期投資と回収までの期間

投資と回収

我が家が一戸建の建設を依頼する桧家住宅では、ソーラーパネル1枚が20万円で設置できて、付随する他の機材で20万円位となるようです。

売電をあまり考えないのであれば我が家の電気の使用方法だと、4KWあれば足りるとの事でした。

ソーラーパネル4枚と機材で、初期投資が100万円という事になりますね。

しんち
県や市町村によってはソーラーパネルを設置すると補助金が出る場合もあるようです

10年程度で回収できると言っているブログや業者が多いですが、何箇所かの会社を見たところ、節約効果として多い意見は80%〜60%位。

今後10年間のしんち家の電気代はオール電化を予定しているので、電気代は今よりも上がる事を考えてソーラーパネル無しの電気代を月額20,000円位と考えましょう。

しんち
少しテキトーですが物理学者じゃないので!

ソーラーパネル無しで10年の電気代

20,000円×12ヶ月=240,000円が一年の電気代で、10年だと10倍の2,400,000円となります。

ソーラーパネルを設置した場合の10年の設置費用と電気代

ソーラーパネルの設置費用が約100万円ですので、電気代とソーラーパネル代を合わせて、3,400,000円となります。

少なめにみて電気代が60%節約できたとしましよう。2,400,000円×60%=1,440,000円

ソーラーパネル有りと無しでの比較

3,400,000円-1,440,000円1,960,000円

設置費用とあわせて10年間の電気代である2,400,000円を下回りましたね。

10年で壊れるわけではないのでその後はお得に過ごせるはずですので、ソーラーパネルを上手く活かす事ができればお得といえるのではないだろうか?

ソーラーパネルの電気を使う時間帯

電気

次に我々の生活スタイルだとどうなるかを考えてみます。

我が家は夫婦共働きで、自営業、二人とも常に家で仕事をしておます。

夜は遅くまで働いていることが多く、大体起きる時間は昼の12時前後となり、家事は大体夜に行なっております。

しんち
我が家の場合、午前中の電気は使わないので全部売電に回す事になります

午後は仕事用のパソコン×3台とテレビをつけるくらいでしょうか。

結構な頻度で仕事が立て込んでいるとご飯は外食してしまいます。

こういう場合だとソーラーパネルで発電した電気は殆どが売電に回ることになるでしょう。

しんち
現在は売電価格が大分安くなっております

ソーラーパネルでの売電は今後下がる可能性もある

売電に期待してしまうと、電力会社の気分次第で思ったより利益があがらないかもしれません。

また、現在は10年保証で定額で買い取ってくれるようですが、10年後の売電価格は下がっている可能性が高いですね。

ソーラーパネルを設置するとしたら、売電で利益を上げる事をあまり考えずに日々の電気代を節約する事を考えてソーラーパネルを設置するべきだと思います。

しんち
太陽が出ている間に大量に電気を使う方がソーラーパネル向きのようです

蓄電池とソーラーパネルを合わせる

蓄電池

蓄電池を導入し、午前中寝ていて発電した分を夜の電力消費に回せるとどうだろうか?

蓄電池とソーラーパネルなら我が家でも機能する

我が家の生活スタイルだとソーラーパネルと蓄電池をあわせると電気代を下げるのに有効なようです。

2018年10月現在では、あまり蓄電池は普及しておらず、まだまだ価格が高いようで、桧家住宅のカタログを見ると蓄電池は230万円と書いてありました。

蓄電池を導入すると電気代は確かに下がるだろうが、桧家住宅によると初期投資を回収できるかどうがは怪しいとの事。

しんち
パネルと合わせると330万円の電気代を節約しないといけません

我が家でのソーラーパネル

ソーラーパネルを設置した家

我が家の生活スタイルではソーラーパネルだけだと売電に頼ることになりそうですが、10年間電気を売り続けても利益があがるかどうか怪しいという結論になりました。

しんち
売電も価格が既に下がってきております

ソーラーパネルは蓄電池がないと微妙

蓄電池とソーラーパネル併用すると電気代を節約する事ができるが、蓄電池はまだまだ高いので、10年後あたりに来るであろう最初のリフォームまで設置しない事にしました。

10年後には蓄電池が普及して、価格が下がっている可能性が高く、下がっていれば導入を検討するということにしました。

他の家庭とソーラーパネルは違う可能性もある

ソーラーパネルを設置した家

ワタクシは田舎は生活費が安いという想像をしていたのですが、光熱費は東京都比較すると大幅に高いです。

しんち
プロパンガスがやたらと高いです

ソーラーパネルにより、少しでも毎月の支出を削る事ができればと考えましたが、我が家では割と少数派の生活スタイルですので、すぐに導入するメリットはあまりないという結論となりました。

他の家ではメリットがでるかもしれませんので、晴れる確率が高い地域にお住まいの皆さまや昼間の電力消費が多い皆さまも生活スタイルに合わせて検討してみては如何でしょうか?

専門家に一括で見積もりが取れて便利なサイトもあります。

【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!

ここでもソーラーパネルの専門家に色々質問でできたりもすると思うので、計算してもらうと良いのではないかと考えます。

それでは皆様も良い新築ライフを!

スポンサーリンク
おすすめの記事