スポンサーリンク

田舎で新築一戸建を建てるなら、車を使う機会も増えると考えますので、土地選びのポイントの一つとして、家の前の道路や家から通りに出るまで通る道路の幅にも注意が必要です。

しんち
車の出し入れがしにくい家は住みやすいとは言えないでしょう

田舎は広い道路ばかりではない

田舎で車を使う生活を考えて一軒家を新築するのであれば、家の前や頻繁に使う道路の幅も考えて土地を購入した方が良いのではないでしょうか?

田舎の道路事情

田舎

長野県S市へ移住して感じた事ですが、大通りや整備された交通量の多い道路が広くて運転しやすいです。

大通りから外れると車1台がギリギリ通る事のできるような狭い道路が結構多く、地元の人はそういった所を信号を避ける為の抜け道として利用している場合も多いです。

しんち
田舎は道路が広いというイメージでしたが、思ったより狭い道が多いです

田舎は大通り以外の道路が狭いことが多い

ワタクシはあまり運転が好きではないのでそういった道路は通る必要がなければ、なるべく避けるようにしております。

突然めちゃくちゃ狭くなるような道路もあったりしますので、一軒家を建てるならば、家の前の道路と、大通りへ出る為の道路も大事ですね。

交通量が多く狭い道路

田舎は狭い上に抜け道になっていて、交通量が多いのに狭い道路が結構ありますので、土地選びの際は道路の交通量にも注意した方が良いと言えます。

交通量が少なければ狭い道路でも我慢できると思いますが、家の前や頻繁に通る道路がこういった抜け道に該当する場合は注意した方がいいでしょう。

車を出した際に、道路上ではすれ違う事ができないような道路で頻繁に対向車が来ると考えると結構不便です

道路と出入りのしやすさ

道路が狭いと駐車場に車を入れるのも大変になりますが、頻繁に使う自宅の駐車場が使いにくいと不便ですね。

しんち
車の動きが不便だと嫌ですね

どのような道路の土地を避けるべきか

土地を考える

土地選びの際、どのような道路が不便か考えていきたいと思います。

狭い鋭角の道路を曲がらないといけない土地

鋭角の狭い道

我が家が住んでるアパートは駐車場は広くて素敵なのですが、メインの道路から駐車場へ行くための道路が狭い上にメインの道路に対して鋭角となっており、凄く不便です。

アパートから出てメインの道路もすれ違うにも他人の敷地に少し入らないと車がすれ違う事ができないような狭い道路です。

更に、その狭い道路が地元では抜け道となっていて交通量がそれなりに多いです。

しんち
賃貸を探していた時は道路のことは想像しておりませんでした

道路が行き止まりで転回を自分の敷地内でする土地

自宅前が行き止まりの道

家の前の道路の幅が狭い行き止まり等の土地は、車で駐車場に入る時、自分の敷地内で転回しなければならないです。

行き止まりの道路を直進して家の駐車場に正面から止めると、次に用事があって出る時はどこかで転回しないといけないですよね。

家の前の道路が広ければ、道路上で転回すればいいですが、狭かったらどうするのかというと自分の土地の中でやるしかないですよね。

こういった形の土地を選ぶ場合、自分の敷地内で転回しないといけない場合、家を建てられる面積が減ることになります。

転回スペースが余裕で取れるような広い土地でしたら問題ありませんが、土地を選ぶ際はそういった事も考える事をお勧めします。

しんち
土地を探していた際はこういった土地が結構多かったです

大通りまでの道路が狭い土地

大通りまでの道が狭い

メインで使う大通りまでの道路が狭い場合、その道路の交通量に注意した方が良いとおもいます。

家の前の道路が広くても大通りに出るまでに狭い道路を通らなくてはないケースもも注意が必要ですね。

狭い道路は自分だけが我慢すれば良いわけではない

狭い道路は工事車両が入りづらい事もあり、工事車両が入れない場合は家を建てる際、追加料金を取られるケースもあるようです。

引っ越し車両が入れない場合も追加料金を取られるケースがあります。

また、緊急車両が入ってこられない事もあり、火事で消防車が入る事ができず一帯が燃えるといった事もあります。

適正な道路幅とは

運転

一軒家の駐車場から大通りに出る間に4m以下の道路がない場所が理想となります。

道路の法律

法律では新しく家を建てる際、家の前の道路が4m未満であるなら道路の中心から2m以内に家や塀を建てる事ができないようになっております。

要は道路は4m以上確保しましょうねという事ですが、この法律ができる前から建っている家は建て替えない限り、適用されないので田舎は狭い道が多いようです。

緊急車両が通行できる道路

なぜこのような法律ができたのかというと、緊急車両が4mの道路なら入る事ができるためだそうです。

火事の時に消防車が入る事ができる場所、病気になった時に救急が入る事のできる場所でないと、何かあった時怖いですね。

普通自動車がすれ違う事ができる道路

普通自動車の多くは幅が1.8m位でので、4mの道路であればすれ違う事ができます。

理想を言えばもっと広い方がいいですが、大通りに出るまでの全ての道路の幅が4m以上ある土地が良い土地の条件となりますね。

しんち
道幅4mの道路を車ですれ違うと、結構ギリギリになります。

道路以外にも土地選びは条件が多い

条件

土地を購入する際は条件が多くて大変ですね。

日当り・道路・形・広さ・区域・価格等、気をつけなくてはいけない事が盛り沢山な上に条件を満たした空き地を見つけないといけないです。

田舎であるならば特に道路は大事だと思いますが、都会でも可能であれば確保できた方が良いと思います。

しんち
土地探しに数年かける人もいるそうです

我が家は道路の事も考えて分譲地

我が家は大幅予算オーバーと引き換えに満足いく土地を分譲地で確保する事ができました。

しんち
土地価格が思っていた金額の2倍以上となりました…。

他の分譲地を見てもこういった道路条件を満たしているケースが多いので、タイミングよく分譲地を見つける事ができたら分譲地が結構いいのではないかと考えます。

しんち
区画を事前に整備してくれている分、ちょっと高くつきますが!

土地探しも大変なので「タウンライフ土地探し」というネット使って一括で色々な不動産屋さんに土地を紹介してもらえるサービスもあります。

我が家は間取で利用しましたが、結構いい感じでした!

タウンライフ の間取り版の「タウンライフ 間取り」は土地探し、資金計画、間取り、カタログなどがいただけます。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事