スポンサーリンク

土地探しの第一歩としてまず、我が家ではどれくらいの広さが必要なのかというと、60坪程度は欲しいという結論になりました。

どのようにして60坪の土地が欲しいという結論に至ったのかを書いていきたいと思います。

しんち
デザイナーツールのイラストレータを使って考えておりますが、紙とペンでもできます

まずは、必要な土地の広さを考えよう

土地

最初に土地の広さを表すのに坪と㎡の表記がありますが、頭の中で換算できるようにしておくと便利です。

しんち
一坪は約3.3㎡です

必要な土地の広さとは?

広い3LDK以上の家と、田舎なので車2台位を想定した場合、どれくらいの広さの土地が適正なのだろうか?

過去の記事で、桧家住宅さんにお願いする事と、圧倒的広さを武器に、ファミリーにも使いやすい3LDK以上という事を決めました。

桧家住宅の企画住宅で考えた土地の広さ

3LDK以上で、大きめの家を桧家住宅のカタログで探すと、大きめの企画住宅は120㎡の「V3-04」という企画住宅となります。

しんち
これは4LDKですが。

欲しい土地の広さを考える上でのサンプルなので間取りは気にしないでおきましょう。

「V3-04」を元に考えると、一階・二階の面積はそれぞれは60.45㎡(18,25坪)、延床面積120㎡(36.50坪)というプランになります。

「V3-04」の企画住宅は大きめで10m×7.28mの家となります。

車1台あたりの余裕のある駐車スペースは1台あたり3m×5.5m程度で約5.5坪となり、2台分駐車場スペースがが欲しいのであれば約11坪必要という事になります。

V3-04と2台分の駐車場に必要な土地

欲しい土地の面積は最高に詰め込める場合、18.25坪 + 11坪の29.25坪という結論になりますね。

キッチリ詰め込んだら必要な土地が28.25坪ですが、これが必要な土地の広さかというと、残念ながらそうはイキマセン。

建ぺい率と容積率とかいう謎のルールがあり、自分の土地なのに限界まで建物を詰め込めないのです。

しんち
家を建てるにも色々ルールがあります

土地の広さと建ぺい率

一軒家

土地の面積に対する建物の面積の割合が建ぺい率内に収まっていなくてはならない。

簡単に解釈すると

簡単に解釈すると、ドローンを飛ばして土地を真上から見た時に、土地と建物の割合が設定されている建ぺい率という割合に収まっていれば良いという感じでしょうか。

土地の広さと容積率

一軒家

土地の面積に対する床面積の合計が容積率内に収まっていなくてはならない。

簡単に解釈すると

何階建てだろうと室内の床面積の合計がこの比率内に収まっていないとダメという事ですネ。簡単に解釈すると、雨が絶対に降り込まない室内の部分が容積率内に収まってないとダメ!という事です。

建ぺい率と容積率を考えた土地の広さ

住宅模型

建ぺい率50%、容積率100%といったような土地が比較的多いそうですので、そのような土地で我が家の希望を叶えるには最低限どれくらいの広さが必要でしょうか?

土地にV3-04と駐車場を配置

建ぺい率を守る為には桧家住宅の「V3-04」で考えると1階も2階も同じ広さで18.25坪×2倍=36.5坪(約120㎡)

36.5坪の土地であれば容積率も守れますネ。

そして駐車場スペースは容積率には含まれないので駐車スペース2台分の11坪のスペースも取れそうです。

120㎡の土地が正方形であるならば、一辺は10.95mとなります。(ルート120でグーグルさんで検索!)

しんち
デザイナーなので画像作りは得意です!配置してみましょう。

36坪の土地に家を配置

これだと隣の家の土地との空きが左右は47.5cmずつ、上はもう少し取れそうですがキツキツですし、庭がないですね。

折角のウッドデッキが台無しで、玄関の目の前は駐車場です!

しんち
これだと微妙ですナ

これが法的にギリギリOKな土地の広さなのかというと、もうちょっと謎ルールがあります。

土地に関わる民法

民法234条1項に規定があり、「建物を築造するには 界線より五十センチメートル以上の距離を存することを要す」

サンプルよりもう少し広い土地が法的にギリギリとなるでしょう。

しんち
因みに隣人の許可があれば50cmよりくっつけても良いそうです

隣人に文句を言われないギリギリの広さは40坪位でしょうか。

しかし、日当たり面を考慮した場合や隣人の家の窓と自分の家がくっつきすぎると視線が気になると行った場合、可能でしたら1m位は自分の土地の内側に家を収めたい所ですね。

50cmだと自宅の周りのお手入れをする際も歩きづらくて狭いです。

必要な土地をリアルに考える

土地が正方形である可能性の方が低いし、皆様が選ぶ家の形がこの形とは限らないのでもう少しリアルに考えていきましょう。

土地の大きさ別に配置する

40坪、50坪、60坪、70坪の正方形の土地に家を配置したイメージを作ってみました。

土地の広さのイメージをして頂きたいだけですので、家や駐車場の配置はテキトーです。

我が家では妻のまどりちゃんが陽当たりにめちゃくちゃ拘っているので家の南側を可能な限り空ける意味で南道路を想定した配置でイメージしてみました。

洗濯物は浴室乾燥機NGでどうしても太陽で乾かしたいらしいデス。

まどり
太陽はゆずれない!

土地の大きさの比較

50坪の土地

50坪でも詰め込めばなんとかなりそうですが庭が欲しいとなると、60坪からでしょうか。

サンプルの家は結構大きい家なので、家を小さくし、上手く配置すれば50坪でもソコソコの庭が作れそうですね。

60坪の土地

60坪あると建物の大きさの自由度も増え、結構広めに庭が取れそうです。

しんち
このくらいが丁度良い感じですネ

70坪の土地

70坪もあったら庭ソコソコと駐車場もう一台分位増やしたくなりますネ。

庭の広い土地は外構費に注意

また、庭が広くなるという事は外構費が嵩むという事になりますので注意シマショウ。

柵で家を囲む等をする場合、柵の長さが増えちゃいますからその分外構費が嵩んでしまいます。

我が家で必要な土地の広さ

土地

作った土地の配置図を比較でいくと我が家では最低でも60坪以上は欲しいという結論になりました。

60坪以上の土地を考えながら土地を探していきたいと思います。

SUMMO」とかを見ると、60坪位の土地が少なくてもっと広くてお高い土地が多いから、予算オーバーの香りが漂っておりますが!

しんち
序盤で予算オーバーの香りが既に漂っておりマシタ

また、建ぺい率や容積率など、難しい事を考える事が面倒であれば「タウンライフ 間取り」などの間取り作成サービスで必要な土地の広さも提案してくれるでしょう。

こちらは各社のプロが考えてくれるので間違いないでしょう。

それでは皆様も良い新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ 家づくり
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰え、パソコンからでも携帯からでも使える「タウンライフ」というサービスがあります。
新築一戸建の購入を検討するなら勉強することは沢山ありますので、効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案、資金計画を頂けるので割とメリットはあると考えます。外構版のサービスもありますので、利用してみるといろいろと勉強になると考えます。
おすすめの記事