スポンサーリンク

新築マイホームを建てる際、窓の事は考えましたでしょうか?

ワタクシもこのブログを書いていなければ窓の事はあまり考えなかったかもしれませんが、窓について考えてみると窓の大事さが少しわかります。

我が家は桧家住宅の自由設計である「スマート・ワンカスタム 」で新築のマイホームを建てようと考えております。

我が家は田舎の寒冷地に住むことになりますので、窓の配置やサイズが悪いと、マイホームが寒くなる原因、マイホームが暗くなる原因となってしまいます。

しんち
間取りに気を取られてあまり窓の事は考えておりませんでした!

目的に合わせたマイホームの窓

窓

我が家では一番最初ははなんとなく窓を配置して、なんとなく大きさを決めておりました。

しんち
窓なんてついていれば何でも一緒ジャネ?

まどり
窓は大きくして可能限り明るい家で過ごしたい!

間取り図を眺めていると、窓を設置する目的を考えていなかったので、少し窓について想像してみました。

リビングの窓

リビングは大きい出入りできる窓を配置する事が多いですね。

しんち
リビングの大きい窓は掃き出し窓というらしいデス。

我が家もリビングには大きい窓をつける予定ですがちゃんと窓から入る光や近隣の視線を考慮していませんでした。

またリビングの「掃き出し窓」は設置すればリビング全体を明るくしてくれるわけでない事が多い為、室内に光がちゃんと届くかイメージする必要があります。

しんち
現在我が家が住んでいる賃貸はリビングが南北に渡って細長いのと、上の階のバルコニーが飛び出ていて、晴れていても部屋が暗い時間帯がアリマス。

光が届かない場合は他の場所にも窓を設置する事を考慮した方がいいですね。

図面を眺めた結果

打ち合わせの際、窓に関する修正を入れました。

窓の視線を遮る対策

視線に関しては外構を考える際、南側に視線を遮るフェンスを作る事にしました。

窓から光を取り込む対策

光に関しては最初は2階にバルコニーを設置しておりまして、バルコニーの影になって昼間の光が遮られる形となっておりました。

バルコニーの影になっている部分は出っ張らないようにして、光を取り込めるようなバルコニーとしました。

換気するための窓

換気するために設置した窓も風が狙った通り抜けるかをイメージした方が良いですね。

また、窓の近くに花粉の多い木等がないかをしっかり確認しましょう。

換気するための窓からスギ花粉などが入ってきたら悲しい結果となるデショウ。

小窓やスリット窓

小窓やスリット窓は狙った通り光が入らなくて、設置した意味を感じないケースもありますので、狙った通り光が入るかを図面でイメージしましょう。

窓が多すぎると不便な事も

たくさんの窓

窓をひたすら増やせばよいというものではありません。

家具が配置し辛い

窓を設置すると、窓を設置した場所に家具を配置しにくくなりますので、家具を置く事もイメージした方が良いでしょう。

窓が多すぎると家具が設置できずに不便になる事があります。

窓が多すぎると冷暖房効率が悪い

窓は冷暖房効率でいうと壁よりは悪いですね。

窓の数が多すぎると夏は陽の光を取り込みすぎ、冬は室内の熱が逃げてしまうので、過剰に設置すると冷暖房効率の悪い家となってしまいますので、注意しましょう。

窓で気になる近隣の視線

窓が多すぎると近隣の視線が気になりますよね。

近隣の視線を気にするあまり常時カーテンが閉まっている窓を設置するくらいなら壁にした方がマシですので、窓を設置する際は視線も考慮した方が良いでしょう。

機能している窓なのか考える

窓

窓を設置した目的にあわせて窓が機能しているか考えましょう。

窓は狙った通り機能しているのか確認

窓が狙い通りの機能を果たせているかをイメージしましょう。

例えば、景色を楽しむために設置した窓の向こう側が、隣の家の壁だったら設置した窓は狙った通りの機能を果たしているとは言えませんね。

図面で窓を設置したら、窓が狙い通りの機能を果たすことができるか確認することも大事です。

窓の高さ

窓の高さが適切かの確認も大事です。

トイレやお風呂の窓の位置は高めに配置しないと、お風呂やトイレに入っている時シルエットが見えてしまい、なんとなく嫌ですよね。

吹き抜けや階段に窓を配置する場合はお手入れの方法も考える必要があります。

我が家の窓

我が家は西側に隣の家が建つ可能性が高く、北側、東側は道路が比較的近く、南側は庭挟んで道路が来る予定となっております。

まだ間取りのOKは出していない状態ですが間取りと窓に関しては今後あまり修正はしないと思いますので、このような形になると考えます。

1Fの窓

間取詳細図1F

窓の配置

1Fは全体的に南側の窓と東側の窓を大きく取り、隣に家が建つであろう西側の窓は少なめにしました。

西側に家具を多少置くイメージとし、北側はあまり光が入らないので小さい窓を配置しました。

2Fの窓

間取詳細図2F

子供部屋の窓

西側に家が建つ可能性が高いのに子供部屋二部屋の西側の部屋の窓が大きく、家具を配置し辛い感じでした為、西側の窓を小さくして、家具を配置しやすいよう壁の面積を増やしました。

窓の事も考えてあげて!

ワタクシの感覚だとブログのネタ探しでワタクシは注目しましたが、あまり窓の事は考えないケースも多いのではないでしょうか?

今回は窓の事を考えて、素敵なマイホームライフを!というネタで書いてみました。

新築一軒家を建てる際、考える事が多すぎて細かい事まで考えるのは大変ですが、ネットを使って無料で皆様の家庭事情に合ったアイディアが貰える「タウンライフ 間取り」などを利用すると少し楽になると考えます。

少しでも皆さまの参考になりましたら幸いです。

それでは良い、新築ライフを!

スポンサーリンク
タウンライフ
ネットを使って無料で新築一戸建の知識が色々貰える「タウンライフ」というサービスがあります。
効率よくカタログで勉強したり、ハウスメーカーや工務店から間取りや土地探しの提案を頂けるので割とメリットはあると考えます。
おすすめの記事