スポンサーリンク

新築一戸建の勉強をしているとZEH(ゼッチ)というキーワードが出てくると思いますが、ZEHとはなにかをなるべくわかりやすく書いていきます。

しんち
何でも頭文字をとって省略するとわかりづらいですね

ZEH化の一戸建とは

ソーラーパネルを設置した家

ZEHは住宅業界では「ゼッチ」と言われている、Net Zero Energy House(ネットゼロエネルギーハウス)の略です。

ZEHの意味

簡単にZEHの事を説明すると、高度な省エネ、太陽光発電、蓄電池を駆使して、年間の空調・給湯・照明・換気の消費エネルギーをゼロにする一戸建となります。

今まではソーラーシステムで発電した電気はすぐに使うか、電力会社に売る事しかできませんでしたが、現在では家庭用蓄電池が登場し、蓄電池に貯めた電力を家庭で使うことができるようになりました。

因みにですが、ガスを使うと消費エネルギーがゼロとならいでしょうけど、ガスコンロを使ってもZEH化と認定してもらうことは可能だそうです。

ZEH化を実現した一戸建

ZEH化を実現するにはなかなかハードルが高く、断熱性の優れた高気密な建物にする必要があり、エネルギー消費の少ない設備を導入し、ソーラーパネルを設置する必要があります。

しんち
ZEHは技術的にも大変で最新の設備が必要なようですね

ZEH化のメリット

メリット

ZEH化された一戸建のメリットは大きく分けて5つあります。

ZEH化された家は高性能なので快適

ZEH化された家は高気密で断熱性が優れた家となるので夏は外からの熱気を遮断する事によって涼しく、冬は室内の熱気を逃さないので暖かく快適に過ごせます。

ZEH化されると光熱費が安い

ZEH化された家はエネルギーを使わない事を目指しているので光熱費は安くすみますね。

ZEH化されると補助金が貰える

ZEH化された家は基準が結構厳しいですが、国から補助金が貰えます。

ZEH化されていると災害の時に役に立つ

ZEH化された家は災害の時に電気が止まったとしてもソーラーパネルで電気を生み出し、蓄電池に電気を貯めておけるので役に立ちます。

ZEH化された一戸建は資産価値がある

ZEH化された家は一定の資産価値があると言えるでしょう。

ZEH化のデメリット

デメリット

ZEH化された一戸建のデメリットは大きくわけて2つあります。

ZEH化された家は建築費用が高い

ZEH化された家にするためにはZEH化されていない家と比較して、ソーラーパネル、電気を制御するEMSなどの機材を入れないといけませんね。

更に省エネに対応した設備を導入し、高気密で断熱性に優れた建物にしなくてはいけませんので、ZEH化されていない家に比べるとコストがどうしてもかかります。

しんち
省エネに関しては最新の設備なら普通とのことでしたが

ZEH化された家は窓やドアのサイズが制約される

一戸建をZEH化するには高気密で優れた断熱性能を持った家にしないといけないので、熱が逃げやすいドアや窓などのサイズや数に制約ができ、デザイン面での自由度が少し落ちてしまいます。

ZEHの補助金

補助金

政府は皆にZEH化された一戸建を建て欲しいと考えておりますので、ZEH化された一戸建を建てると補助金を貰うことができます。

我が家はZEH化をやめました

取引

我が家が住宅の建築を依頼する桧家住宅もZEH対応の一戸建を建設することが可能なメーカーの一つでしたが建築コストが割高となる為、我が家ではZEH対応の一戸建を断念しました。

光熱費を削って補助金をもらってもプラスに転じる時期が結構遠そうでしたが、我が家は将来家を売ったり引っ越したりする可能性もありますので、ZEHの恩恵が薄いと判断しました。

我が家ではZEH化を断念しましたが、ZEH化された家は間違いなく高性能な家となりますので、長く住む家ならZEH化を検討してみても良いと考えます。

ZEH対応のメーカーを探すには、ネットを使って無料でZEH住宅の間取りプラン・資金計画・土地探しを手伝って貰える「タウンライフ家づくり(ZEH特集)」といったサービスもありますので、利用してみると良いかもしれません。

それでは皆様も素敵な新築ライフを!

スポンサーリンク
おすすめの記事